撮影その他

2023年8月26日 (土)

夏枯れは続く。。。鉄鳥など

レフ機を除くとホッとします。やっぱいいです。

 

夏枯れですので、またまたトンボから。。。

0dsc_1008_01

 

0dsc_1011_02

カワセミ君は出てきません。。。。困った。

 

と、急に鉄鳥がやって来た。

0dsc_1019_03

WESTERN GLOBAL社の Boeing 747-446(BCF)

米軍ご用達の飛行機らしいです。横田基地に行くようですが、高度1500mのド迫力。

低いじゃないか・・危ないぞ!!

 

0dsc_1029_04

 

0dsc_1034_05

色の自動補正無しの2枚です。

 

0dsc_1040_06

色自動補正をかけるとこんな感じ、やや明るすぎ。中間が良いけどうまくできない。

 

 

0dsc_1042_07

この旅客機は高度4000m かなり遠くなる。

 

早く涼しくならないかな。。。

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR

 

 

2023年2月10日 (金)

EOS R6 のAF連写を見てみる #3

今日は横浜はみぞれが降って寒い一日でした。

 

OさんのEOS R6 の連射 #3で最後です。今日はDPPでのAF枠は無しで楽しんでください。

2023/01/24に撮影したものです。

00u4a9175_01

 

00u4a9177_02

いきなり上に飛び出しましたがうまく捉えています。

 

00u4a9179_03

 

00u4a9188_04

 

00u4a9194_05

 

00u4a9195_06

 

00u4a9196_07

 

00u4a9198_08

 

00u4a9199_09

 

00u4a9200_10

こうしてみるとやっぱ、R6のカワセミ捕捉率は凄いですね。

自分の知らないカメラのデータをOさんの協力でいろいろ見ることができました。

ありがとうございました。

 

canon EOS R6 + RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM

 

 

2023年2月 9日 (木)

EOS R6 のAF連写を見てみる #2

EOS R6 前回のレビューでは水中からの飛び出し以降に、ピントが追従しなかったわけですが、

今回はバッチリ合っています。そんな事例です。

 

427

00u4a2427

上に飛び出して落下する直前です。獲物を見ているかっこいい姿です。

 

 

431

00u4a2431

枝の後ろを横切るとその後はピントが合いません。前回と同じです。

 

432

00u4a2432

落下は加速度がついているとピント合わせは難しいですね。

 

437

00u4a2437

水中に飛び込んだ水しぶきにだんだんピントが合ってきました。

 

 

438

00u4a2438

飛び出たカワセミにAF枠は来ていますが、ピントはまだ合いません。

 

 

439

00u4a2439

全身を掴んでいます。ピントも来ました。 。。素晴らしいです。

 

 

440

00u4a2440

鳥認識で全体を掴んでいます。

 

 

441

00u4a2441

ややボケています。

 

442

00u4a2442

ここで再度鳥認識、しかも瞳にフォーカスしています。 うーむ、すごい!! 拡大してもばっちりです。

 

 

444

00u4a2444

フォーカスがずれて、ややぼけです。

 

445

00u4a2445

またフォーカス枠が追いつきました。ピントが合ってます。

 

446

00u4a2446

これもややピントが甘い。

 

447

 

00u4a2447

違うところに枠はあるけど、ピントは合ってるような。。。

 

448

00u4a2448

枝にフォーカスが行っているようです。

 

今回は水中からの飛び出し以降もAF枠はカワセミを追い続けていました。

R6 素晴らしいですね。ただ気難しいような。。。

飼いならすのは大変でしょうが、癖を掴めばもっと予測できるかもしれません。 門外漢の独り言でした。

 

辛口のコメントですが、私のD500と比べたらすごく歩留まりが良くてうらやましい限りです。

前日の私のD500なんて、水中から飛び出たら4コマしか載せられなかったです。だって後はピンボケですから。。。(爆

 

canon EOS R6 + RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM

 

 

2023年2月 7日 (火)

EOS R6 のAF連写を見てみる

今日は鳥仲間のOさんのデータをお借りできました。


機材はcanon EOS R6 + RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM の豪華装備です。
canonの編集ソフト DPPでAFフォーカスを表示させながら鳥認識がどう機能しているのか見てみたいと思います。

最初のケース 12月25日撮影分です。

650_01 650b_02

飛び出す前の状態です。しっかりカワセミにピントが来ています。

 

 

655_03 655b_04

画面のかなり下で捉えましたが、キチンとAF枠が追従しピントが合っているのはさすがです。

 

 

666_05  666b_06

水中から出てきました。水しぶきにピントが来ています。

 

667_07 667b_08

まだAF枠は水しぶきを捉えていますが、カワセミにもピントは来ています。

 

 

668_09 668b_10

水しぶき、カワセミ君にAF枠が再度合いました。

 

 

669_11 669b_12

一度カワセミは沈みました。ピントは合っています。

 

 

670_13 670b_14

水しぶきにピントは来ています。

 

671_15 671b_16

まだ明るい水しぶきにAF枠が取られています。カワセミとAF枠が離れてきました。

 

 

672_17 672b_18

カワセミ君をAF枠は捉えられません。水しぶきに合っています。

 

673_19 673b_20

だいぶAF枠とカワセミのずれが大きくなって、カワセミがボケてきました。

 

それでも最初の飛び出しで下向きに加速中のカワセミを捉えるAF枠。水中からの飛び出しに的確に合わせるAF枠。

これらが画面の中央でなく端のほうでも合ってしまうのは凄いですね。レフ機とはだいぶ違います。

 

次のケースを見てみます。2月1日の撮影です。

493

4932

枝に止まっている状態です。カワセミ君の頭にフォーカスが行ってます。鳥認識ですね。

拡大してもばっちりです。

 

 

497

4972

上空に飛び出しました。AF枠はカワセミの下に少し大きな枠であります。これはカワセミが飛び出して上昇した途中のAF枠だと思います。(枠の後ろの杭にはピントは来ていないので) 拡大してみるとカワセミ君にピントは来ています。

移動している被写体に常にドンピシャでAF枠が来るとは限らないのでしょうか? 

それでもR6はカワセミにピントが合っているのですごいです。

R7でも同じ状態になるケースがありましたが、R7はピントが合いずらかったです。この辺の違いは値段の差?ですかね。

 

 

499

4992

カワセミは降下に入りましたが、AF枠は枝の明るい部分に取られてしまいました。ピントがずれています。

 

 

501


5012

枝やカワセミより先のほうにAF枠が来ています。なぜこうなるのかわかりません。

このあと数カットはピントが合っていません。

 

 

509

5092

水中に飛び込んでから出てきたところです。AF枠は意外なところを指しています。

 

 

510 5102

こんどは枠は水しぶきに来ていません。カワセミにも来ていません。

 

 

511

 

5112

やっとカワセミ君にAF枠が来ました。

 

 

512

 

5122

水しぶきにAF枠は残っています。でもカワセミにピントは合っています。

 

 

513

5132

カワセミの上にAF枠が。。。でもピントは来ていますね。

 

 

514

5142

まだ水面にAF枠がある。カワセミのピントはまあまあ

 

 

515 5152

ややボケてきました。

 

516 5162

ボケ始めた。

 

 

520 5202

カワセミ、枝 どちらにもあっていません。AF枠は 飛び出しの水面です?

 

 

521 5212

AF枠はカワセミに来ています。

 

 

5222

おしまいです。

枝を横切るケースでしたので難しかったですね。

 

R6の設定は サーボAF、検出する被写体:動物優先 でしょうが、

サーボAF特性:Case いくつか?、測距エリア選択モード:顔+追尾優先AFなのか

など設定がどうなっているのかはわかりません。 

 

今回はピンずれも含めて連続して載せましたが、通常はピンずれは載せません。

R6を知らない私がデータだけで解析した話です。部外者の与太話として聞いてください。

Oさん データ提供ありがとうございました。

 

鳥を認識してAF枠が捉えるのは素晴らしい進化だと思います。Nikon使いにはすっごくうらやましいです。

 

2022年8月13日 (土)

R7 野鳥撮影 ボタン設定

今日は朝から雨です。台風が通過する予定です。

全国の被害が少ないことを祈っています。

 

昨日も天気が悪かったので、R7の設定を考えていました。

R7のマニュアルは 950ページもある超大作です。

スマホに入れて読んでいますが、ボタン設定の絵が細かすぎるので、

拡大しないと列のボタンが読めない、拡大すると縦の項目が読めない。。。。

1

 

なのでボタンの絵を拡大、リバース表示させたものを作りました。

2_20220813171901

 

出来た表がこちらです。これでああでもない、こうでもないと設定を悩みました。

3

EXCEL版がこちら↓ 0.7MBです

ダウンロード - r7_b_settei.xlsx

 

EFレンズを付ける EF-EOS R アダプターはコントロールリングが無いので、露出補正をどこに設定しようか悩みました。コントロールリング付きのほうが良かったかな、とやや後悔です。 でも何とかするのだ。

マニュアルMモード、 ISOオートの設定での、野鳥撮影時の飛びものボタン設定を以下のようにしました。

4

決まった組み合わせは、

AF-ONでAF開始(親指AF、D500と同じです。)

隣の*で瞳AF開始(止まりもののピント合わせ用)

◎動画ボタンにトラッキングの開始/停止

カメラ正面の絞り込みボタンに、露出補正(コントロールリングが無いので、ちょっと押しにくいがここに決定)

この4つの設定で 瞳AF、トラッキングのon/offをしながら、試行錯誤をしてみます。

 

その他は

M-Fnに拡大ボタン(ミラーレスなので拡大して見てみたい)

ISOに絞り込み(きっと使わないだろうな)

 

明日はカワちゃんに会えるかな。

 

2021年4月18日 (日)

2020年10月 鉄鳥

久しぶりの浮島公園

 

2019年9月の台風被害でしばらく閉鎖されていて入れませんでした。

2020年10月護岸の修復が終わり再開されました。

Dsc_9504 Dsc_9511 Dsc_9521 Dsc_9522 Dsc_9534 Dsc_9568 Dsc_9583 Dsc_9633 Dsc_9650 Dsc_9660 Dsc_9694 Dsc_9837 Dsc_9927 

 

1dsc_2158 1dsc_2044

2020年4月29日 (水)

OMD E-M1 mark ii のカスタマイズ

E-M1 mark ii の設定も書いておきます。

(実に二年ぶりの記事作成 ・・・さぼりすぎだぁ)

Em1m2

親指AF設定 けっこうラクチン

Leica 100-400 との組み合わせで、野鳥撮影

 

E-M1 mark ii と100-400 の組み合わせの写真がこれしかない↓

 

ちょっと前の Pana G9pro との組み合わせが以下 

  Img_0310a_20200620161601

 

 

フォト
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

リンク

無料ブログはココログ