2023年2月 4日 (土)

カワセミ君とシジュウカラの巣箱

今日は良い天気、風も少なく温かいです。

もうすぐ春でしょうか。。 

 

0dsc_2914_02

いつもの場所ですが、天気が良いせいか今日は色がきれいに出てます。

 

0dsc_2947_03

いつものことですが、飛び出し最初は画面に入っているが端っこなのでピントは大外れ。

よって写真は無し。水中から出てくるところでやっとファインダーの中央近くに合わせられました。

 

0dsc_2948_04

出てきた。何やら藻?のようなものをくわえています。

 

0dsc_2949_05

 

0dsc_2950_06

 

 

0dsc_2954_08

一度下を向いて

 

0dsc_2955_09

エイッと持ち上げたら

 

0dsc_2961_10

口の周りの藻は取れました。

 

0dsc_3014_11

梅が咲いているのに気が付きました。春は近いぞ。

 

0dsc_3019_12

いつものジョビ太君。

 

0dsc_3033_13

メスと仲良くなると良いのですが。

 

0dsc_3223_01

巣箱をシジュウカラが覗いています。

 

0dsc_3229_02

内見会でしょうか。子育てしてくれると楽しみが増えます。期待大。

 

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR

 

 

 

2023年2月 1日 (水)

藪からカワセミ

蔵出しです。

 

いつものカワセミ君です。

20230201_01

 

20230201_02

えらいところに飛び込んでくれました。手前は藪です。

でもピントはバッチリ。 置きピンでした。

 

20230201_03

単にAFボタンを押すのを忘れただけです。

 

20230201_04

なかなかよろし。

 

20230201_05

 

20230201_06

これが連続の最後。この後は画面の外でした。

1/3200 sec 、f/7.1 、ISO 720 、-0.33 EV、420 mm です。

いつもの 1/2000 sec から 1/3200に変えてみたけど、明るかったせいか ISOもあまり上がらずよかったです。



20230201_07

 

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + TC-14E II

 

2023年1月27日 (金)

Nikon D500 飛物AFをすこし考える

仕事忙しで撮りに行けないので、昔の写真でAFの考察をしてみます。

2022/07/18の撮影から蔵出しです。

 

まず、AF枠を入れた8枚を見てみます。

220718

AF枠は赤のひし形に□があるグループAFです。

グループAFは「撮影者が選んだフォーカスポイント(グループ)を使ってピント合わせをします。広い範囲で被写体を捉えるため、誤って背景にピントが合ってしまうことが起こりにくくなります。1つのフォーカスポイントでは捉えにくい被写体を撮影する場合に適しています。」とnikonは言っています。 事例を見ると被写体が小さい場合に有効とあります。

メーカーの資料は何を言っているのかよくわかりませんので実験するのみです。

 

1~4枚目までは赤枠に少し掛かっていますが、5~7枚目はAF枠から離れてしまっています。

ピントがどうか、並べてみてみます。

 

1枚目

20230204_01

2dsc_9898_01

ピントはカワセミの足の下の水しぶきに合っています。やはり明るいものにピントがいきますね。

 

2枚目

20230204_02

2dsc_9899_02

これもしっぽの下の水玉にピントが来ています。カワセミはその恩恵でピントが来ているだけですね。

 

3枚目 

20230204_03

2dsc_9900_03

しっぽの明るい部分にピントが来ています。やっとカワセミ君を捕まえたようです。

 

4枚目 

20230204_04

2dsc_9901_04

カワセミ君にピントが合い続けています。

 

 

5枚目 

20230204_05

2dsc_9902_05

□枠の外に出ましたが、ピントは合い続けています。これがAF-C コンティンユアスモードなんですね。

 

 

6枚目 

20230204_06

2dsc_9903_06

ピントはカワセミを追い続けています。枝の横切りでもカワセミにまだピンはきています。えらい。

 

7枚目 

20230204_07

2dsc_9904_07

まだまだ追い続けています。

 

この後はピントがボケていました。

2016年製の一眼レフ D500 は最初に□枠の中にカワセミを入れないとピントは合いませんが、その後は結構捕まえてくれています。

下はD500のAFポイントです。□と・を合わせて153点あります。

今回のグループエリアは□が4つと真ん中の□1つで5点だそうです。(よくわからん)

01_d500af02jpg

上下にAFポイントのない部分がありますので、そこにカワセミが行ってしまうとピンボケになります。

今回は画面の上に上がりすぎてピンボケになったと思います。

 

最近のミラーレスのR5,R6,R7などは画面全部にAFポイントがあるようです。

そしてカメラが鳥を探してくれますから中央で捉えなくてもピントは合うようです。凄いですね。

今回は去年の資料なのでカメラの設定が今と違うかもしれませんので、次回は最近の資料から再度分析してみようと思います。

ではでは...

 

2dsc_9915_08

枝戻り でした。

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + TC-14E II

 

2023年1月24日 (火)

飛び出しもう一度

日曜日の続きです。

 

シジュウカラはよく見ます。 モズは今シーズンはまだ見ていません。

ジョウビタキ...オスしか見ていません。メスも見てみたい。

エナガ...かわいいです。今シーズンは一度だけ見ました。また見てみたい。

 

カワセミ君が出てこない時には...土手の林に野鳥探しです。奥の林に野鳥探しです。

0dsc_2007_06

シジュウカラ    うまいこと撮れました。

 

 

0dsc_2019_07

ジョウビタキ ...数枚撮ってみたが、使えるのはこの一枚だけ。かわいいです。

 

 

0dsc_2092_13

何思う、カワセミ君。きっと何も思っていない。

 

0dsc_2220_14

いきなり飛び出され...水中に飛込む前が撮れなかった。

 

0dsc_2221_15

ピンボケなのが残念です。

 

0dsc_2222_16

やっとピントが合っているように見えますが、後ろの水玉に会っているのが実情です。

 

0dsc_2223_17

天気は曇り気味、水面はグレーです。

 

0dsc_2224_18

うーむ。ぼちぼちでんな。

これは 1/2000 sec、f/8、ISO 900、-0.67 EV、500 mm(APS-C)

次の一手をどう考えるか....どうすればガチピンに撮れるんでしょうか?

D500 の設定は?   よーーく考えてみよう

 

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR

2023年1月22日 (日)

カワセミ飛び出し2態

久しぶりに日曜日に撮りに行きました。

天気は曇り気味、たまに晴れ間が出ますが...すごく寒いです。

 

 

0dsc_1972_02

どうもこのカワセミ君とは気が合わない。構えていると飛び込まない。油断していると飛び出します。

タイミングの外されっぱなし。ということで、今日も水中からの戻りから始まります。

 

0dsc_1973_03

けっこうお魚は大きめ。

 

0dsc_1976_04

横への飛び出し。いいぞいいぞ。ピントの変化が少ないので合いやすいぞ。

 

0dsc_1986_05

 

0dsc_1990_01

この後、どんどん遠ざかってピンボケになりました。

 

 

次は、水際からの飛び出しです。

0dsc_2067_08

水中から顔を出してから2カット目。 1カット目はピントが合いませんでした。

 

0dsc_2068_09

こちら向きで、上昇開始。

 

0dsc_2069_10

上昇。

 

0dsc_2070_11

さらに上昇。

 

0dsc_2078_12

枝に戻りました。獲物は....ちっちゃ...

寒いので15:00過ぎに撤収。 早く温かくならんかな。

 

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR

2023年1月18日 (水)

曇りの日のカワセミ やっぱ暗い

本日も蔵出しです。

暗い日はきれいに撮れません。APS-Cのカメラですし、F5.6とそれほど明るいレンズでもありません。

 

普段、晴れていると木々の影がまだらになって上手く撮れないとあきらめていた場所でしたが、

今日は曇りのせいか、なんとか撮れました、

0dsc_1430_01

浮上からです。

 

0dsc_1431_02

 

0dsc_1432_03

 

0dsc_1433_04

 

0dsc_1438_05

 

0dsc_1439_06

 

0dsc_1440_07

水面近くに止まろうとしているので尾が水に触れています。

 

0dsc_1442_08

水面のパイプに到着。

 

0dsc_1446_09

小魚を叩きつけています。

 

0dsc_1447_10

いつもスルーしていた場所が今回は撮れました。やったぜ!!

でも色はグレーが多いので寒々としてますね。

 

次は少し日差しのあった時間です。飛込メインで。。

0dsc_1542_11

 

0dsc_1543_12

 

0dsc_1544_13

 

0dsc_1545_14

一瞬ブレーキ

 

0dsc_1547_15

狙いを定めて

 

0dsc_1548_16

決まりました。

 

0dsc_1549_17

突撃です。

 

0dsc_1555_18

ゲット!!

 

0dsc_1557_19

 

0dsc_1558_20

 

0dsc_1561_21

カルガモも見ている

 

0dsc_1573_22

着地

 

0dsc_1576_23

ブルブルッ..

 

0dsc_1579_24

 

0dsc_1581_25

いただきます。

 

 

お次は、ホバリング。のようなもの。

0dsc_1760_26

 

0dsc_1761_27

 

0dsc_1762_28

突撃?

 

0dsc_1767_29

 

0dsc_1769_30

あれっ?

 

0dsc_1770_31

戻るの??

 

0dsc_1771_32

 

0dsc_1772_33

飛び込まないで戻ってしまった。ミニホバリングでした。

 

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + TC-14E II

 

2023年1月17日 (火)

カワセミ君、飛び出しから枝戻りまで

蔵出しです。

飛込にうまく合わせられない。うまく取れなかった。と思ってみても家でパソコンで見てみると意外とよく取れている、なんてことがあります。今回はそんな経験です。

40枚の連射、4秒の出来事から、ピンボケと似たような構図のものを省いて20枚にまとめたものをどうぞ。

 

0dsc_1310_01

 

 

0dsc_1314_02

飛び出し始めは相変わらず撮れませんが、このように一瞬ホバリングのように水面をのぞいて止まったようになってくれたので、カメラが追いつきました。

 

0dsc_1316_04

 

 

0dsc_1317_05

めずらしく水中に入る最後の部分が撮れました。

 

0dsc_1319_06

 

0dsc_1320_07

出てきました。

 

0dsc_1321_08

 

0dsc_1322_09

 

0dsc_1324_10

 

0dsc_1325_11

 

0dsc_1327_12

しっかり、お魚ゲットしていました。

 

0dsc_1330_13

この辺から上昇します。

 

0dsc_1334_14

 

0dsc_1335_15

 

0dsc_1336_16

 

0dsc_1337_17

枝に戻りました。

 

0dsc_1343_18

 

0dsc_1344_19

 

0dsc_1349_20

食べ終わりました。

 

枝戻りが撮れたのも久しぶりです。

近場の距離で、飛び出しから、飛込、離水、枝戻り、が連続して撮れたのは、もっと久しぶりでした。

 

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + TC-14E II

2023年1月 8日 (日)

カワセミ君飛び込まず

今日は良い天気です。風もない。でも温かくはない。

 

カワセミ君は出てくれました。

0dsc_0958_01

枝にとまってます。この後飛んで..

 

0dsc_0970_02

水の中に飛び込まないで >次の枝にとまる >その後飛んだ >藪の中に移動

 

0dsc_0984_04

藪から出て枝の上に >そのあと飛んだ >遠くに行ってしまった >どこかへ行ってしまった。

 

なんと、顔を見せてくれましたが、一度も水の中に飛び込みませんでした。

おいおい、お腹空いていないのか。。。。 

 

カワセミ君がいないので、横の土手に移動。

00dsc_1023

ちょっと暗いですが、シジュウカラ君  ボケていたので差し替えました。

お尻だけ日が当たっています。

 

0dsc_1041_07

 

 

 

しばらくしたら、ジョウビタキ君。

0dsc_0997_05

 

0dsc_1003_06

横を向いたところが撮れません。

 

 

0dsc_1050_08

 

0dsc_1074_09

カルガモのペア。仲良しで良いですね。

 

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR

 

2023年1月 4日 (水)

ジョビ太君が来た

カワセミ君が現れない。でもジョウビタキの雄のジョビ太くんが来てくれました。

 

0dsc_0801_02

 

0dsc_0803_03

枝が若干じゃまですね。

0dsc_0809_04

こういう人工物の上もちょっと。。。

 

0dsc_0690_01

このポーズが羽も顔もよくわかって一番いいのだが。。。ピンボケなんです。残念。

 

0dsc_0852_01

メジロも来てくれました。

 

0dsc_0858_02

 

0dsc_0862_03

 

0dsc_0885_06

 

0dsc_0873_05

シジュウカラの背中の色合いは好きですね。

 

0dsc_0895_07

 

 

今日のカワセミ君は動きが少ないです。ず~~~とじっとしている。

0dsc_0945_08

ここから

 

0dsc_0946_09

上に飛び出した。

 

0dsc_0947_10

 

 

0dsc_0948_11

上の枝にとまっただけでした。

 

まあ、こんな日もあります。ジョビ太に会えて良しとします。

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR

 

 

 

2023年1月 2日 (月)

新春初カワセミ撮り

今年の初カワセミ撮りです。

残念ながら午後から曇ってきて暗かったです。

でもカワセミ君と会えて、けっこう飛び込んでくれたので良しとしましょう。

 

0dsc_0358_01

小魚ゲットしました。

 

0dsc_0365_03

食べたら、すぐ飛び込みます。

 

0dsc_0372_04

戻りです。

 

0dsc_0373_05

暗いのでグレー色ですね。

 

0dsc_0374_06

 

0dsc_0385_07

枝に戻ればバックは冬の色

 

次の展開。

0dsc_0417_08

水中からの飛び出し。

 

0dsc_0418_09

体を元の来た方向にひねって飛び出します。

 

0dsc_0419_10

 

0dsc_0420_11

 

0dsc_0431_12

 

0dsc_0436_13

ぱくっと食べましたわ。

 

0dsc_0520_14

枝戻り直前の図。

 

今年もたくさん撮れることを祈って、カワセミ君よろしく。パチパチと二礼二拍手。

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR

 

より以前の記事一覧

フォト
2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

リンク

無料ブログはココログ