« EOS R10 でカワセミ撮影とか。。 | トップページ | 蝶も難し、ツバメも難し »

2023年5月14日 (日)

パラパラ動画でカワセミの動きを見てみた

過去の写真を見てたら、パラパラ動画がカワセミの動きをよく捉えられるのでは?

と思って作ってみました。

 

カワセミは水中に飛び込んでから0.3秒程度で出てきます。

私のカメラの設定は 0.1秒/枚 にしていますので水しぶきが2コマ撮れます。

3コマ目で飛び出しますが、ほとんど飛び込んだ方向に戻ってきます。

230117para

飛び出しから水中に入るまでは加速度が付いていてこの部分を撮るのはなかなか難しいです。

今回は飛び出し位置と水中に入る位置が近かったために入水部分が撮れましたが、

普段は撮れないことが多いです。

水しぶきが上がっていてカワセミが水中にいる間に、水しぶきをファインダーの真ん中に合わせられれば成功ですがなかなか合いません。

 

水中から出てくる部分は水の抵抗を押し切って出てくるために速度は遅くなります。

ここでピントが合えばOKです。ここも合わない時が多いです。

 

カワセミの飛びこみ飛び出しを狙うのは、シューティングゲームに似て連写連写ひたすら打ちまくる、という感じですね。

D500のシャッター音が大きいこともあって、映画スターウォーズのミレニアムファルコン号から連射するハリソンフォードになった気分です。

 

パラパラから何枚か静止画を載せます。

0dsc_1314_02_20230512211901

ここで一瞬獲物を探してミニフォバリングのようになったので、カメラが追いつきました。

 

0dsc_1315_03_20230512211901

0dsc_1316_04_20230512211901

0dsc_1317_05_20230512211901

水中ダイブ

0dsc_1318_01

ピント合わない

 

0dsc_1319_02

水しぶきにピントが合う。カワセミが出てくる前に水しぶきにピントが合えば成功ですね。

 

0dsc_1320_03

 

0dsc_1321_04

 

0dsc_1322_05

 

0dsc_1323_06

 

0dsc_1324_07

後は横っ飛びを追いました。

 

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + TC-14E II

« EOS R10 でカワセミ撮影とか。。 | トップページ | 蝶も難し、ツバメも難し »

カワセミ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« EOS R10 でカワセミ撮影とか。。 | トップページ | 蝶も難し、ツバメも難し »

フォト
2023年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

無料ブログはココログ