« 2023年4月 | トップページ | 2023年6月 »

2023年5月28日 (日)

夫婦の確執

最近 カワセミの出が芳しくない。だんだん悪くなる。

 

この日はやっとオスが来た。

0dsc_0840_01

エビを捕ったようです。

 

0dsc_0842_02

そこに急にメスが登場!

 

0dsc_0843_03

えさ、くれ~。。。とメス。

 

0dsc_0844_04

オスは知らんぷり。食べてしまった。

 

0dsc_0848_05

メスは怒って行ってしまう。

 

0dsc_0851_06

オスは見送っているだけ。。。。 なんとも??

このカップルの形態は不思議です。新しい形か?

 

0dsc_0998_15

 

0dsc_0999_16

 

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR

2023年5月27日 (土)

蝶が主役でもいいでしょ

カワセミを撮りに行きましたが、なかなか出てこない。

 

ベニシジミがものすごく近くに止まりました。

0dsc_1688

ヒナギク?ハルジオン?に止まったベニシジミ。

およそ3m先に止まった。レンズの最短焦点距離付近で撮れました。

クリックで拡大。さらにクリックで等倍になります。

これだけ精彩に撮れたのは初めてです。結構うれしい。。。

 

 

0dsc_1533_01

おなじみモンシロチョウ。

 

 

0dsc_1537_02

オスのカワセミ君登場。この後飛び込まないで茂みに隠れてしまった。。。残念。

 

 

遠くで水浴びを始めました。

0dsc_1639_03

同じところに5~6回飛び込みました。すべて水浴び。

おいおい、魚を取れよ。。と言うのは人間の勝手な要求でしょうね。

 

0dsc_1640_04

よく見たらメスのカワセミ嬢。子供できないのね。。。。

 

0dsc_1641_05

 

0dsc_1642_06

 

0dsc_1643_07

 

0dsc_1644_08

 

0dsc_1645_09

 

0dsc_1646_10

遠くで水浴びするカワセミ嬢でした。

 

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR

2023年5月25日 (木)

ゴイサギの幼鳥

これはゴイサギ? ササゴイ?   ゴイサギの幼鳥のようです。

 

0dsc_1006_18

サギって動きが少ないと思っていたが

 

0dsc_1011_19

欄干の上にとまった。

 

0dsc_1029_20

飛び出した。

 

0dsc_1032_21

 

0dsc_1034_22

 

0dsc_1042_23

 

0dsc_1052_24

 

0dsc_1060_25

着陸。けっこう動き回りますね。

 

0dsc_1283_28

その後木の枝に止まったりして、また飛び出しました。

 

0dsc_1286_29

色もよく出て上手く撮れたと思います。

 

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + TC-14E II

2023年5月21日 (日)

カワセミ君はそばに来ない の2

数少ないシャッターチャンスから。。。

 

0dsc_0688_11

 

0dsc_0690_12

 

0dsc_0782_13

 

0dsc_0783_14

ずいぶん浅い角度で飛び込んでいます。

 

0dsc_0784_15

 

0dsc_0785_16

浅い角度で飛び込んだ時は魚は取っていません。このカワセミ君がたまに行う動作ですが何のためか?

 

0dsc_0786_17

 

0dsc_0787_18

 

0dsc_0788_19

 

0dsc_0791_20

 

0dsc_0792_21

 

次の飛込

0dsc_0800_22

遠い、暗いの悪条件ですが。

 

0dsc_0801_23

 

0dsc_0802_24

 

0dsc_0803_25

 

0dsc_0804_26

 

0dsc_0805_27

バックが暗くて、カワセミ君だけに日が当たっている。こういうのも好きです。

 

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + TC-14E II

2023年5月20日 (土)

カワセミ君はそばに来ない

久しぶりに見たカワセミ君。

 

これまでの状況

カワセミ君には彼女ができた。巣穴を掘っているようで嘴に土がついている。

 

その後の状況(池の常連さんの話)

巣はこの池の近く。そこは造成中の場所で、土を堆積しているところに穴を開けて巣にしている。(2名目撃)

現在造成工事は止まっているようで、ブルドーザーは置きっぱなしになっている。

という状況。

 

でも、工事が再開して、再度造成で土を動かし始めたら巣穴はどうなる?

 

....埋まってしまうぞ。壊れてしまうぞ。

とんでもないところに巣穴を作ってしまったようです。カワセミにとっても住みにくい世の中なのでしょうね。

 

0dsc_0559_01

オスのカワセミ君。 見えないところにメスのカワセミ嬢もいるみたいで、キーキー鳴いている。

メスがいるということはまだ卵を産むところまではいっていない、ということですね。

 

0dsc_0563_02

メスのほうに飛んで行った。

 

0dsc_0564_03

エサも持たないで。。いいのかな?

 

 

次は飛込から出てきたところから。お魚ゲット無し。

0dsc_0612_04

0dsc_0613_05

0dsc_0615_06

0dsc_0619_07

0dsc_0621_08

0dsc_0622_09

0dsc_0623_10

少し遠いのと、暗いので写りはいまいちです。

まあ、こんなもんでしょ。

 

しかしこのオスは魚を取らない。メスはおなかを空かしていないか、などと余分な心配をしてしまう。

なんとかこの夫婦も元気な子を産んでほしいな。。。

 

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + TC-14E II

2023年5月15日 (月)

蝶も難し、ツバメも難し

カワセミが来ない時は、ヒマヒマなわけで。。。

何か他のものを撮りたくなりますが。。。

そんなうまいこと被写体が現れるとは限らない。。

 

と、蝶が止まりました。蝶って撮るのが難しいんですよね。

まず、止まらない。動きが不規則。

今回、止まってくれたのはラッキー、僥倖..なんて。

0dsc_0423_01

0dsc_0439_02

0dsc_0440_03

グーグル君はナミアゲハと答えてくれました。

「ハイム蝶百科図鑑」という蝶のことがいろいろ載っているブログで調べてみましたが

ナミアゲハ(アゲハチョウ)で間違いないようです。(このブログ 参考になります)

また、ヒマヒマ。。。

 

今度はツバメがやってきました。

0dsc_0516_04

0dsc_0529_05

0dsc_0551_06

なんせスピードが早いんです。カメラの振りが全然追いつきません。

なんとかこの3枚が撮れただけ。

 

こんな日もありますね。

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + TC-14E II

 

 

 

2023年5月14日 (日)

パラパラ動画でカワセミの動きを見てみた

過去の写真を見てたら、パラパラ動画がカワセミの動きをよく捉えられるのでは?

と思って作ってみました。

 

カワセミは水中に飛び込んでから0.3秒程度で出てきます。

私のカメラの設定は 0.1秒/枚 にしていますので水しぶきが2コマ撮れます。

3コマ目で飛び出しますが、ほとんど飛び込んだ方向に戻ってきます。

230117para

飛び出しから水中に入るまでは加速度が付いていてこの部分を撮るのはなかなか難しいです。

今回は飛び出し位置と水中に入る位置が近かったために入水部分が撮れましたが、

普段は撮れないことが多いです。

水しぶきが上がっていてカワセミが水中にいる間に、水しぶきをファインダーの真ん中に合わせられれば成功ですがなかなか合いません。

 

水中から出てくる部分は水の抵抗を押し切って出てくるために速度は遅くなります。

ここでピントが合えばOKです。ここも合わない時が多いです。

 

カワセミの飛びこみ飛び出しを狙うのは、シューティングゲームに似て連写連写ひたすら打ちまくる、という感じですね。

D500のシャッター音が大きいこともあって、映画スターウォーズのミレニアムファルコン号から連射するハリソンフォードになった気分です。

 

パラパラから何枚か静止画を載せます。

0dsc_1314_02_20230512211901

ここで一瞬獲物を探してミニフォバリングのようになったので、カメラが追いつきました。

 

0dsc_1315_03_20230512211901

0dsc_1316_04_20230512211901

0dsc_1317_05_20230512211901

水中ダイブ

0dsc_1318_01

ピント合わない

 

0dsc_1319_02

水しぶきにピントが合う。カワセミが出てくる前に水しぶきにピントが合えば成功ですね。

 

0dsc_1320_03

 

0dsc_1321_04

 

0dsc_1322_05

 

0dsc_1323_06

 

0dsc_1324_07

後は横っ飛びを追いました。

 

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + TC-14E II

2023年5月13日 (土)

EOS R10 でカワセミ撮影とか。。

CANON機 EOS R10 でカワセミを撮りました。

R10は家内のカメラです。

 

レンズは EF400mm f/5.6L USM を付けています。

361912

DPPというcanonの画像編集ソフトでAFターゲットを表示して見てみます。

四角の集合体が7x7ほどのAF枠の大きさで撮っており、ピント合っている部分が赤い枠で表示されています。

このショットではちょうど顔の部分に赤枠があります。

 

0img_361901 

拡大してもきれいに撮れています。

巣穴作成中のようで、土がくちばしに付いたままになっています。

2~3回の水への飛込では土が取れないので、粘土質の土なんでしょう。

 

 

364313

こちらも静止画です。首の後ろにピントが合っています。

この時の設定は動物認識だけです。トラッキングはoff、瞳認識もoff にしてあります。

止まりものだけで被写体が大きければ、どちらもONでもよいのでしょうが、カワセミは小さいので瞳認識は不要。

そして動きが早いのでトラッキングも追いつかないのでoffにしています。

 

0img_364302

なかなかの映りです。止まりものには鳥認識は具合がよいですね。人が見つけるより早く鳥認識してくれます。

 

次は動きものです。

365314

 

0img_365303

No1  飛び出しを狙うと、明るい水しぶきにピントがいって、ピンボケになってしまいました。

 

0img_368104

No2

 

0img_368205

0img_368306

0img_368407

0img_368508

0img_368609

0img_368710

0img_368811

No9    なかなかうまく撮れませんね。

 

↓2023/05/14順番が違っていたのを入れ替え。

上段左から No.1,2,3  中段4,5,6  下段7,8,9

230510dpp2

9枚をDPPソフトで見たものがこれです(クリックで拡大します)

意外なところにピントが合っていたり...やや遠くて暗いので難しい場面です。

動きものも撮れるときはあります。

 

その他の動きもの

0img_1402_04 0img_1403_05 0img_1553_06 0img_1599_07

0img_1625_10

カワセミの動きものも、まれにピントが合うときがあるのですが、それが連続したショットにならないのが辛い。

 

R10とRF100-400 f/8 でカワセミの飛込をきれいに撮っている方をブログで見ます。

 

でも私にはR10でカワセミ飛込を撮るのは無理なようです。D500のほうが歩留まりがよいです。

カメラが勝手に鳥を探してピントを合わせる、というカメラ任せの撮り方も私には合わないようです。

 

次は、止まりものです。その実力は...なかなか素晴らしいです。

0img_0173_01

0img_3323_02

0img_1376_03

0img_1614_08

0img_1616_09 

0img_1829_11

0img_1830_12

ヤマブキをバックにして、なかなかいい色で撮れています。止まりものは素晴らしいですね。

 

ではでは

Canon R10 + EF400mm F5.6L USM + EF-EOS R でした。

2023年5月 6日 (土)

シジュウカラもホバリング

この池では今日もカワセミ君に会えませんでした。4日前も会えませんでした。

常連さんに聞いたら2日前はたくさん登場したみたいです。

ん~~ すれ違い。最近、鳥運に恵まれてないですね。

 

今日はシジュウカラ君です。

0dsc_0011_01

 

0dsc_0015_02

けっこう近くまで来てくれました。

 

 

230406

珍しくシジュウカラ君のホバリングが撮れました。

地上の虫を探してホバリングしているようです。

このあと草むらに降りてゆくのですが、その部分は草にピントを取られてピンボケでした。

 

 

その他のシジュウカラ君。

1dsc_996801

1dsc_996902

1dsc_998603

1dsc_998804

シジュウカラ君の背中の模様はきれいですね。

 

次は...

0dsc_9910_05

スズメです。

 

0dsc_9924_06

スズメもなかなか可愛い。

 

0dsc_9891_03

池のふちにひっそり咲いた花。。。。。?  カメも見ている。

 

0dsc_9894_04

この木はハコネウツギというらしいです。少し咲き始めました。

来週あたりの満開になった時に、この枝ににカワセミ君が止まってくれたらいいな。

 

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR

2023年5月 4日 (木)

O池でコゲラを見た

O池の続き。

しばらくお目にかからなかったコゲラが来てくれました。

0dsc_8920_01

0dsc_8926_02

0dsc_8932_03

残念ながら影になって全身きれいに写せません。でも見ることができてよかった。

 

 

0dsc_8918_01

カルガモの着水。

 

0dsc_8935_04

 

 

0dsc_8949_05

こちらも派手な着水。

 

 

0dsc_9022_07 

カワセミの前を編隊で通る。

 

 

0dsc_9164_02

アップのカワセミ。なんとも羽がきれいです。

 

10dsc_9466

この羽の色も好きです。

カワセミの羽は「構造色」と言って、光によっておきる干渉で、時間によってエメラルドグリーンのような

輝くブルーや濃いブルーに変化して見えるそうです。魅力的です。

 

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR + TC-14E II

2023年5月 3日 (水)

O池のカワセミは手ごわい

5月の連休ですね。

久しぶりにO池に行ってきました。

 

0dsc_9112_08

来ました。高い枝にとまっています。

いつも行く場所はここ2週間ほどカワセミ君が出てくれなかったので、なんか久しぶりにカワセミを見ました。

 

0dsc_9131_09

おー、いきなり離水の状態が撮れました。

スプラッシュ!!と言いたくなります。 どこにピントが合っているのか????。

 

0dsc_9132_10

画面の端です。これ以上中央にトリミングできず。

 

0dsc_9138_11

離水のショットは本日これ一枚。 うーむ、難しいです。

 

0dsc_9148_13

結構おおきなお魚ゲット。

 

0dsc_9150_14

飲み込んで、小魚のしっぽが見えます。 残酷なショットを載せるな!!って遅いけど。

 

 

杭に戻るところを4態。

0dsc_9213_15

0dsc_9214_16

0dsc_9215_17

0dsc_9223_18

 

続いて横っ飛び3態

0dsc_9263_20

0dsc_9265_21

0dsc_9269_22

なんかこんなのしか撮れないんだよね。水がらみはさっぱり撮れません。

ダイブする枝が高い(4mほど)、距離が遠い(20mほど)、バックの枝が近い。明暗差が大きい。

そのため556に1.4倍テレコンでf8 (556にテレコンは今回初)にして撮ってみましたが、

ダイブが高いのでカメラの振りが追いつかないです。撃沈です。

 

 

なので止まりものが続く。

0dsc_9296_23

0dsc_9298_24

0dsc_9300_25

 

0dsc_9302_26

0dsc_9303_27

飛び出しはこれだけ

 

 

0dsc_9317_28

0dsc_9320_29

 

枝戻り

0dsc_9466_32

0dsc_9467_33

 

まだまだ修行は続く.....

0img_1753

O池っていいところですね。写真は朝9:00頃、この後は親子連れがワンサカ出てきました。天気がいいのでにぎやか。

 

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR + TC-14E II

« 2023年4月 | トップページ | 2023年6月 »

フォト
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

リンク

無料ブログはココログ