« 2023年3月 | トップページ | 2023年5月 »

2023年4月29日 (土)

絶滅危惧IB類(EN)

なぜか小石川植物園に行ってきました。

「牧野富太郎と小石川植物園」ミニ企画展が目当てです。

牧野富太郎は、今年4月スタートのNHK連続テレビ小説【らんまん】のモデルです。

 

01a_01

小石川植物園のホームページから拝借

 

02aa002_02

文京区の都会の中にありますが広いです。一日では全部回れません。今回は右半分だけでした。

 

03img_3248_03

会場の柴田記念館近くのメンデルのブドウ。その言われは次の説明でどうぞ。

 

04img_3247_04

 

 

05img_3251_05

こちらはニュートンのリンゴ。

 

06img_3274_06

分類標本園で気になるものを見つけました。シロヤマブキが絶滅危惧IB類となっています。

 

  08_img_5459_08

我が家のシロヤマブキ?(今年はすでに散ってしまいましたので、2017-04-23の撮影分 Canon PowerShot S95)

似た山吹にシロバナヤマブキという別物もあるので調べてみました。

07a003_07

花びら4枚、葉は対生、見は黒色。どうやら我が家のヤマブキはシロヤマブキで間違いないようです。

絶滅危惧IB類(EN)というのは、

「ごく近い将来野生での絶滅の危険性が高いものを絶滅危惧IA類(CR)、

IA類ほどではないが危険性が高いものを絶滅危惧IB類(EN)に分類します。」とありました。

 

特別貴重なものではないようですが、シロヤマブキとわかったので大事にします。

 

09koisikawa_09

最後に、秋の小石川植物園のWEBページを。これを見たら秋も絶対に行きたくなってきた。。。。

 

EOS R10 + RF-S18-45 IS STM 家内の撮影

2023年4月23日 (日)

音楽隊のさえずりは成功したかも

翌日、巣の中は全滅かと思って見に行きましたが、なんと!!!

 

 

0dsc_8597_03

向かいの電線にエナガの親がエサを咥えています。このあとツツジの中の巣に入っていきました。

巣の中にまだヒナがいるようです。

何遍もエサを運んでいきましたので、間違いありません。よかったです。

私より前から来ている人の話では、今日も2羽巣立っていったそうです。

 

その後、エナガが大群でやってきました。

電線にばらばらに止まったので、数えられた範囲では、私は7羽。 

ということは親2+子5 でしょうか。サポーターもいるかもしれませんので

親2+サポ1+子4 かもしれません。もっと多く数えた人もいるようです。

エナガだんごをやってくれれば正確にわかるのですが。。。実態は不明です。

 

さらにまだ巣の中で鳴いているのを聞いた人もいるようでまだ増える可能性があります。

ブレーメンの音楽隊のさえずりと威嚇は成功したのかもしれません。

ヘビの胴体の膨らみを見たわけではないので、食べたのか否か、巣も覗けないのでまったく???です。

 

団子で撮れないのが残念ですが、ヒナだと思える写真を載せときます。

電線から、巣の向かい側の木にばらばらに止まっていたのが撮れました。

0dsc_8642_05

モフモフ感と尾の長さの短さでヒナと決めつけています。

 

0dsc_8646_06

 

1dsc_8692_07

 

1dsc_8694_08

 

 

0dsc_8778_09

 

0dsc_8779_10

モフモフがかわいいです。

 

 

上手く撮れていた枚数は少なかったです。ちょこまか動くので追いつきません。

 

いや~ ヒナが生きていてよかったです。メジロとシジュウカラの友情がすごかった。

 

まだエサを運んでいますので、最終的に何羽になるのか? 

数えるのが楽しみです。というかきっと数えられないでしょう。。。。

 

0dsc_8808_12

おまけのアオサギ。我が家の近所の池にいつもいる個体がこちらの池にたまにやってきます。

 

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR

2023年4月22日 (土)

ブレーメンの音楽隊の結末は?

エナガが巣を覗いています。

巣はこのツツジの中にあります。ツツジが咲いたので巣が見えなくなってしまった。

 

0img_2235_01

心配そうにのぞき込んでいる。

 

Pana2

巣のまわりをホバリングしています。なにか普通じゃないです。緊急事態?

 

0img_2354_02

拡大したらヘビの胴体が写っていました。右の太いのがそれです。こりゃ大変!!

見ていた人の話によると、ヒナの巣立ちの最中だったそうですが、

そこに青大将がやってきて巣の中に頭を突っ込んでいるようです!! ヤバいです。

 

0img_2145_05

メジロもやってきました。

 

0img_2403_04

メジロも巣の廻りでホバリングしてヘビを威嚇?しています。

 

0img_2476_06

巣に向かって鳴いています。

 

0img_2661_09

シジュウカラも心配してやってきました。

 

0img_2664_10

のぞき込んでいます。

 

このエナガ、メジロ、シジュウカラは普段から仲良しで、一緒に飛んでいるのをよく見かけます。

しかし、それだけかと思っていたら、彼ら(彼女ら)の結束はそれ以上でした。

危機に向かって協働でヘビを威嚇しています。

素晴らしい。けなげに立ち向かう姿は感動ものです。。。。。

まるでブレーメンの音楽隊のよう???  

 

 

Pana3


エナガがホバリング、変わってシジュウカラがホバリング。

みんな必死です。

 

 

0img_2855_12

ボケていますが、親が並んで見ています。

数羽は巣立ったと聞きましたがその数は不明です。

 

Pana1

エナガは何回もホバリングやのぞき込みをしています。

人間が何もしてあげられないのが辛いです。(自然のことだし、他人の敷地の中でもあるし)

 

 

0img_2930_14

しばらくしたら青大将が巣の場所から降りてきました。

。。。。。

この後いなくなりました。

 

巣の中がどうなったのか不安です。

0img_2994_15

その後もエナガは巣のそばにやってきては遠目で見ています。

 

0img_3101_20

 

0img_3126_21

 

0img_3137_22

 

0img_3155_23

 

0img_3175_24

結局、どうなったのか?  何羽飛び立ったのか?  何羽か残っているのか?

ヒナの巣立ちはもう見れないのか? エナガだんごも見れないのか。。。。

巣の中が覗けないので???です

 

Canon R10 + EF400mm F5.6L USM + EF-EOS R

2023年4月16日 (日)

今日はアオサギ

本日は昨日の雨から、快晴に変わりました。

カワセミ日和かな?と勇みましたがカワセミ夫婦は登場せず。

どうしたんだろう。巣穴が崩れて生き埋めになったか???などと物騒なことを考える。

0dsc_8516_01

蝶はなかなか上手に撮れません。止まってくれない。かなり遠い。

蝶の撮影もノウハウがあるのでしょうね。こんど知り合いの蝶博士に聞いてみたい。

 

0dsc_8521_02

アオサギがやって来た。

 

0dsc_8530_03

着陸 ちがう着水です

 

0dsc_8537_04 

静止。

 

0dsc_8542_05

5分もしたら、離陸。 これもちがう。離水?

 

0dsc_8542_05

アオサギ 大きすぎ。 単焦点500mmでは画面からはみ出ます。

 

0dsc_8543_06

 

0dsc_8545_07

 

0dsc_8548_08

 

0dsc_8555_09

それぞれ空の色が違うのは、カワセミ用にISO補正-0.7のままで写したから、胴体が真っ黒なのを

無理やり現像で明るくしているので、それぞれが違ってます。要は設定が下手で、現像も下手だということです。

 

0dsc_8559_10

菖蒲も咲いています。

 

0dsc_8560_11

ツツジも咲いています。先週はまだ咲き始めだったのに一週間ですごい成長です。

 

0dsc_8563_12

ドウダンツツジ?? だと思います。かわいいです。

 

カワセミ君とその家族の成長は来週に期待。。。ということで。

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR

 

 

2023年4月11日 (火)

じつはあまり頑張っていない

日曜日の続きの続き。

 

オスが魚を捕りますが、メスに持っていかない。自分で食べてる。

1dsc_8384_29

 

1dsc_8385_30

エビ?

 

1dsc_8386_31

水泡が少ないとちゃんとピントが合いますね。

 

1dsc_8387_32

 

1dsc_8388_33

 

1dsc_8392_34

お魚だ

 

1dsc_8393_35

 

1dsc_8397_36

 

1dsc_8400_37

 

1dsc_8402_38

 

1dsc_8415_39

このあと自分で食べました。

 

しばらくして、カメラを片付けていたら、メスも登場。

オスがエサを運ばないのが不満なのか???ですが。メスが来てもオスはエサを与えない。

変わったオスだ。。。

 

2023年4月10日 (月)

ほんとに頑張ってる?

昨日の続きです。

 

オスです

1dsc_8217_01

飛び出しはいつもピンボケ

 

1dsc_8218_02

 

1dsc_8219_03

 

1dsc_8225_05

 

1dsc_8226_06

 

1dsc_8227_07

 

1dsc_8229_08

 

1dsc_8236_09

このループがいいですね。

 

1dsc_8237_10 

ここまで。

 

休憩ショット

1dsc_8359_28

バックの赤はもうすぐ咲くツツジです。

 

 

2023年4月 9日 (日)

オスも頑張ってる?

この池の常連さんに先週の出来事を聞いたら、

オスがメスに魚を渡して、メスがそれを食べた。

オスがお持ち帰りをした。(巣にいるメスに捕った魚を持ち帰る行為)

などという情報がありました。

 

0dsc_7912_01

バックは山吹の花です。オスのカワセミ君。

 

0dsc_7937_02

 

0dsc_7938_03

水面にも山吹色が映っています。

 

0dsc_7940_04

戻りはここまで、このあとピンボケでした。

 

今度は水中から飛び出したところから。

0dsc_8059_05

 

0dsc_8060_06

大きなお魚ゲット。

本日のベストショットですね。

 

0dsc_8061_07

 

0dsc_8063_08

 

0dsc_8081_09

枝戻り

 

0dsc_8091_10

結構大きい魚ですね。

 

0dsc_8098_11

ひねって、枝に打ち当てて、魚を気絶させます。魚がおとなしくなるまで何回も行います。

 

0dsc_8099_12

おとなしくなったら、咥え直しします。

 

0dsc_8110_13

お魚の頭がくちばしの先になるように咥えなおしました。

お持ち帰りの準備です(メスに渡すときに頭から渡せるような体勢です)。

 

0dsc_8111_14

やっぱり、魚を咥えて帰ってしまいました。お持ち帰りです。

メスがいる場所はこの池ではありません。違うどこかです。そこでメスが待っています。

 

やっとこのオスもお父さんになる自覚ができてきたようです。今後が楽しみです。

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR

 

 

2023年4月 3日 (月)

ココログ GIFアニメの貼り付け方

これまで一連の連続写真を、そのまま貼っていましたが、

20枚もあるとやたら長くなるし、見ているほうも飽きるのでは?...と。

ならば、パラパラ漫画形式のGIFファイルのほうが見やすいかな?と思いTESTしてみます。

 

φ(..)メモメモ: ココログ 1ファイル3MB上限、640x420サイズ、15枚 ≒ 1.8MB  、23枚2.4MB

       GIFは画像に保存して、アップロードはサムネイルで表示のレ点をはずすと動きます(大事、以下)

      (レ点をはずさずUPすると最初は動かない、クリックして別タブで開いて動くようになる)

    Check

 

Test1 各コマ weit 10/100sec 、最終 80/100sec

230401_w_w80

横480dotに縮小して23枚連続写真。実際は2.3秒の出来事。
23枚のうち何枚かはボケていますが、そのまま収録しました。

何枚ボケているかわかりますか?動体視力測定ですね。

面白いです。

 

次、Test2 各コマ20/100sec 最終200/100sec 間隔が前より長いです。

230401_2_20230422220801

この程度の のんびりした間隔が私は好きですね。

横640dot  20枚 2.70MB test1より少し引いてみて、横2100dotに切り出したものを640dotに縮小。

 



 

Test3 各10/100、最終150/100

230413



トリミング無し、水中からの戻りのみ。画像間隔10/100sec 切り替えが早くて見にくい。

見にくいのはトリミング無しでカワセミが小さいからですね。

 

さて、GIFアニメの作り方です

Giam v2.09というフリーソフトを使いました。作者様に感謝、m(_ _"m)

以下です。ヘルプもわかりやすい。weit時間だけが変化なしでよくわかりません。 わかりました。

Giam

・各フレームの時間ウェイトをまとめて設定、個別に設定。

 [全部選択]をクリックし、その後、[ウエイト]で時間を設定。10~15程度

 最終ファイルだけのウェイトを個別に設定 200程度(2sec)

・横向き▲のアイコンでプレビュー表示。

・[ファイル]⇒[名前をつけて保存]

・次のGIFファイルの作成は新規作成から

ではでは、

 

 

2023年4月 2日 (日)

今日はカワセミ日和2

続きです。

 

0dsc_7523_18

カワセミ嬢はやっぱりいいですね。

美人です。性格もいい。(と思う。飛び出したら元に戻ってくるし、、、)

 

0dsc_7525_19

 

0dsc_7526_20

刺さった。

 

0dsc_7527_21

 

0dsc_7532_22

 

0dsc_7534_23

向かってくるカワセミは撮るのが難しいです、この後はボケボケです。

 

0dsc_7548_24

ここでやっとピントが戻りました。

 

0dsc_7549_25

 

0dsc_7562_26

 

 

 

またまた出陣。

0dsc_7606_28

 

0dsc_7607_29

 

0dsc_7616_31

 

0dsc_7617_32

 

0dsc_7621_33

0dsc_7623_34

0dsc_7625_35

0dsc_7638_36

 

 

0dsc_7888_37

桜の枝にとまってくれました。でも向こう側。。。残念。 オスかな?

 

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR

 

 

 

2023年4月 1日 (土)

今日はカワセミ日和

いえいえ、ただ天気がよいだけなのです。今日は暑いです。

 

0dsc_7311_01

まずは水際に飛び込んだカワセミ君。

 

0dsc_7312_02

でた

 

0dsc_7313_03

0dsc_7314_04

0dsc_7317_05

0dsc_7319_06_20230401180001

0dsc_7320_07_20230401180001

最近、こういう枝戻りの写真が撮れなかった。久しぶりに撮れました。

 

0dsc_7322_08

 

またまたオスのカワセミ君です。

0dsc_7368_09

0dsc_7375_10

頭が少し見えます。

 

0dsc_7376_11

 

0dsc_7377_12

 

0dsc_7379_13

 

0dsc_7380_14

明るいと上手く撮れるような。。。

 

こんどはカワセミ嬢です。

0dsc_7487

ここから飛び込みます。

 

0dsc_7488_15

かなり遠くの日陰の場所ですが、それなりに撮れました。

 

0dsc_7489_16

後ろは桜の花びらです。 と言っても桜色になっていないのでわかりませんね。

 

0dsc_7490_17

花筏。。。とは言えませんね。

本日はここまで。

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR

« 2023年3月 | トップページ | 2023年5月 »

フォト
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

リンク

無料ブログはココログ