« 飛び出しもう一度 | トップページ | 今日はジョビ男君とエナガがやってきた »

2023年1月27日 (金)

Nikon D500 飛物AFをすこし考える

仕事忙しで撮りに行けないので、昔の写真でAFの考察をしてみます。

2022/07/18の撮影から蔵出しです。

 

まず、AF枠を入れた8枚を見てみます。

220718

AF枠は赤のひし形に□があるグループAFです。

グループAFは「撮影者が選んだフォーカスポイント(グループ)を使ってピント合わせをします。広い範囲で被写体を捉えるため、誤って背景にピントが合ってしまうことが起こりにくくなります。1つのフォーカスポイントでは捉えにくい被写体を撮影する場合に適しています。」とnikonは言っています。 事例を見ると被写体が小さい場合に有効とあります。

メーカーの資料は何を言っているのかよくわかりませんので実験するのみです。

 

1~4枚目までは赤枠に少し掛かっていますが、5~7枚目はAF枠から離れてしまっています。

ピントがどうか、並べてみてみます。

 

1枚目

20230204_01

2dsc_9898_01

ピントはカワセミの足の下の水しぶきに合っています。やはり明るいものにピントがいきますね。

 

2枚目

20230204_02

2dsc_9899_02

これもしっぽの下の水玉にピントが来ています。カワセミはその恩恵でピントが来ているだけですね。

 

3枚目 

20230204_03

2dsc_9900_03

しっぽの明るい部分にピントが来ています。やっとカワセミ君を捕まえたようです。

 

4枚目 

20230204_04

2dsc_9901_04

カワセミ君にピントが合い続けています。

 

 

5枚目 

20230204_05

2dsc_9902_05

□枠の外に出ましたが、ピントは合い続けています。これがAF-C コンティニュアスモードなんですね。

 

 

6枚目 

20230204_06

2dsc_9903_06

ピントはカワセミを追い続けています。枝の横切りでもカワセミにまだピンはきています。えらい。

 

7枚目 

20230204_07

2dsc_9904_07

まだまだ追い続けています。

 

この後はピントがボケていました。

2016年製の一眼レフ D500 は最初に□枠の中にカワセミを入れないとピントは合いませんが、その後は結構捕まえてくれています。

下はD500のAFポイントです。□と・を合わせて153点あります。

今回のグループエリアは□が4つと真ん中の□1つで5点だそうです。(よくわからん)

01_d500af02jpg

上下にAFポイントのない部分がありますので、そこにカワセミが行ってしまうとピンボケになります。

今回は画面の上に上がりすぎてピンボケになったと思います。

 

最近のミラーレスのR5,R6,R7などは画面全部にAFポイントがあるようです。

そしてカメラが鳥を探してくれますから中央で捉えなくてもピントは合うようです。凄いですね。

今回は去年の資料なのでカメラの設定が今と違うかもしれませんので、次回は最近の資料から再度分析してみようと思います。

ではでは...

 

2dsc_9915_08

枝戻り でした。

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + TC-14E II

 

« 飛び出しもう一度 | トップページ | 今日はジョビ男君とエナガがやってきた »

カワセミ」カテゴリの記事

撮影方法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 飛び出しもう一度 | トップページ | 今日はジョビ男君とエナガがやってきた »

フォト
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

リンク

無料ブログはココログ