« カワセミ横っ飛び | トップページ | 理想のカメラと望遠レンズって? »

2022年12月 4日 (日)

最近の使用機材

今日は曇りです、寒いです。 鳥さん撮影は中止して、家で自転車のメンテナンスをしていました。

 

最近の鳥さん用使用機材を記録しておきます。

 

以前の機材紹介は2020年5月時点でした →カワセミ撮影機材

この時はレンズはAF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRでした。2.3KGの重量級レンズです。

その後 Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED という 旧サンヨン を経由して以下のレンズになりました。

 

0img_1411_01

カメラはnikon D500 で 2020年から変わっていません。

レンズは左が 556 (AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR)

右が 34x1.4テレコン(AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + TC-14E II)です。

サンヨンにテレコンつけてもかなり短くコンパクトなのは凄いです。

0img_1413_cr_02

 

 

 

レンズが軽くなったので、雲台も軽くしました。以前のマンフロット502Aから500AHに変えています。

500AHはバランサーがついていませんが、カメラ800g+レンズ1500g=2300gなら問題ないですね。

三脚も、Manfrotto MT055XPRO3 からVelbon Carmagne N6400に変更しています。


雲台+三脚の重さは、

以前が MT055XPRO3 自重2.5kg + 雲台 MVH502A 自重1.6kg =計4.1kg 実測4.2kg
現在 Velbon Carmagne N6400 1.8Kg + +雲台 MVH500AH 1.0kg = 2.8Kg

と、だいぶ軽量化ができました。

 

0img_1518_05

雲台のアームは長さが変更できます。中華製の雲台のものを流用してます。

 

0img_1509_03

照準器(ドットサイト)は以前と変わらず中華製の安いものです。

 

0img_1520_06

雲台のレールとカメラの底はアルミアングルでつないでいます。(ぐらつき防止)

 

以上、最新の使用機材でした。

 

« カワセミ横っ飛び | トップページ | 理想のカメラと望遠レンズって? »

撮影機材」カテゴリの記事

コメント

たむさん
EF400mmメインになってるので、三脚もLeofoto LSR-324Cがメインです。
雲台も、VH-30R
http://fa43.blog77.fc2.com/blog-entry-3375.html

時々おじぎしちゃいますが、軽いです。
一カ所に据えて動かないパターンではなくて、三脚持って山をうろうろしますので
軽いのが良いのです。

HD560mmの時は、もう一回りでかい段脚と、ジンバル雲台なのですが。

はりーさん すごく軽そうな三脚と雲台を使っていますね。高さもあるし使いやすそう、アルカスイス互換のレール受けもいいですね。

私も300f4の時はアルカスイス互換の雲台を使うことが多いです。
外して手で持った時もアルカスイスは痛くならないのが良いです。マンフ互換は三角のエッジですので手が痛くなります。

三脚を持って歩き回るのは私も数回しましたが私には難しいです。重いし...でも目当ての鳥さんが撮れると疲れも吹き飛びます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カワセミ横っ飛び | トップページ | 理想のカメラと望遠レンズって? »

フォト
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

リンク

無料ブログはココログ