« ジョビ男君に会えたよ | トップページ | Let's note CF-SZ5 を1週間使ってみて »

2022年11月 4日 (金)

Let's note CF-SZ5 SSD換装

「軽い Windows Note パソコン」が欲しい!!

ということで、Panasonic Let's note CF-SZ5 という2016年発売の中古ノートPCを手に入れました。

12.1インチ(1920x1200)FHD/i5-6300U/メモリ8GB/SSD256GB(M.2)/Win10Pro/MS OFFICE2019導入済み,というスペックです。

SSD256GB は少なすぎなので、これを 1TB(テラバイト)に交換して使います。

1img_1428_01

外観。このパソコンのSSDはHDDの形状ではなく、細長い形状になります。右のケーブルの先のケースに新たな1TBのSSDが入っています。

クローンディスクを作成中です。

 

1img_1439_10

ケースの中にあるのが換装するSSDで、M.2 SATA タイプの1T SSDになります。2280サイズのSATA接続は、現在主流の高速なPCIe SSDとは違うので買うときは注意が必要です。 基盤の上の白いテープは決して隠しているのではなく放熱のためのシールです。

 

以下が、Amazonから購入したものです。

Ssd1t

Ssd_case

M.2 SSDケースは1400円でした。

 

1img_1429_02

OSを入れ替えるのに「MiniTool ShadowMaker」というクローン作成ソフトの無料版を使いました。

256GBのSSDから1TBのSSDにシステムバックアップをしている最中です。

 

1img_1432_04

OSのクローン作製が終わりました。

 

 

  1img_1435_06

SSDの交換をするので、裏返しにしてケースを開けます。後ろのバッテリー側の、ケース上下をつないでいる 左側のフェルトをはがし、右側のテープは切ってしまいます。

 

1img_1433_05

フロント側のDVD部分のカバーには爪が3か所あるのでそれをマイナスドライバーでこじって爪をはがします。これで開けることができます。

 

 

1img_1436_07

裏側の17本のビスを外します。サイズがまちまちですので間違えないように印刷した紙の上に粘着テープを張ってわかりやすく並べておきます。

 

1img_1437_08

裏ブタを開けた状態です。SSDの上の白四角の部分は品番を隠しただけです。

中央部分はDVDが収まる場所です。右のMg文字の場所はHDDが収まる場所です。どちらもこのマシンにはありませんのでガラガラに空いている状態です。

 

1img_1438_09

これまでのSSDを外します。左端のビスを外すと斜めに起きますので、そっと引っ張ると外せます。

 

1img_1441_11

次に、OSを移植した新しい1TBのSSDをケースから取り出してここに差し込みます。

差し込むときは受けのソケットをよく見て、ソケット上部のほうに差し込みます。(最初下のほうに刺して入らなくて焦りました)


 

1mg144312c

はい、換装完了。あとは蓋をしてネジをしめて動けばOKです。

無事動きました。SSD 1TBのLet's note CF-SZ5 の完成です。

 

重さ849g、TFT液晶、丈夫な筐体に期待大です。バッテリーも10時間程度持ちます。

これで気軽にTVを見ながらパソコンを使える環境ができました。

 

« ジョビ男君に会えたよ | トップページ | Let's note CF-SZ5 を1週間使ってみて »

デジモノ & ソフト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ジョビ男君に会えたよ | トップページ | Let's note CF-SZ5 を1週間使ってみて »

フォト
2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

リンク

無料ブログはココログ