« お休みの多いカワセミ君 | トップページ | 逆光でもカワセミ »

2022年9月28日 (水)

シャッター回数を XnView で調べる

鳥屋さんでも特に飛びもの派は連写しまくりですから、シャッターの耐久性は気になります。

 

なんか急に気になったものですから、シャッター回数調査の定番「ショット数.com」で確認しました。

0928_01

で、さっそくやりましたが

0928_02

以前はできたのですが、今回は「分析中」のままで回数がでませんでした。

ウェブサイトに写真をアップロードする方法ですので、回線の混み具合かと思い、

18:00頃ダメだったので、21:00にもチャレンジしましたが、できませんでした。

 

なので別な方法はを試してみます。「XnView」 というソフトウェアを使う方法です。

「XnView」は画像ビューワーで簡単な加工も可能なソフトです。

調べたらすでに私のPCに入っていました。(なんで入れたんだろう?)

さっそく使ってみました。

0928_03

写真を表示します。RAW画像でもOK、ファイルサイズの制限なしが良いですね。

 

0928_04

写真を右クリック。プロパティを開きます。

 

0928_06

プロパティの中の3つのタブの右側、EXIFのタブに切り替えて、下のほうにずらせば。

総レリーズ回数の項目がでます。

簡単です。webに載せなくてもいいので安心です。

 

さて、私のメインカメラD500ですが、2020年5月から使っていますので、2年5か月で約7万ショット。

D500のメーカー公称のシャッター回数は20万回です。

あと4年くらいでシャッター寿命になりそうですね。と言うか4年は使えそうですね。

ではでは..

 

« お休みの多いカワセミ君 | トップページ | 逆光でもカワセミ »

デジモノ & ソフト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お休みの多いカワセミ君 | トップページ | 逆光でもカワセミ »

フォト
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

リンク

無料ブログはココログ