« バックのきれいなカワセミ | トップページ | 謹賀新年 »

2021年12月19日 (日)

D500でカワセミを撮る

今日はカワセミ嬢は出てくれましたが、少しの滞在ですぐにいなくなってしまいました。

 

撮れ高も少ないので、こんな時はカワセミ飛びものの撮り方の研究をしてみます。

Nikon D500 +AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + TC-14E II テレコン

の組み合わせす。APS-C の420mmですので換算630mmになります。

その他のデータは画面に表示しています。カワセミとの距離は約15m。三脚・ビデオ雲台使用です。

 

フォーカスモードは AF-C。 AFエリアモードは グループエリアAF を使っています。

D500のAFは他にも、シングルポイントAF、ダイナミックAF(25点、72点、153点)、3D-トラッキング、

オートエリアAF などありますが、カワセミ飛びものには グループエリアAF をメインに使っています。


Nikon NX Studioという現像ソフトはフォーカスポイントが見えるので、これを表示させて検討します。

 

1枚目。カワセミが水中に飛び込んだところです。

狙いは水しぶきの中心ですが、振りがまだターゲットに追いつけていません。遅れています。

8189

 

2枚目。大きな水しぶき。まだこのターゲットに合っていません。

8190

 

3枚目。カワセミが出てきましたが、まだ四角枠の中に入っていません。少しずれています。

Nikonによると、「このグループエリアAFでは5点のポイントで構成されたグループから最適なピント位置が割り出されます。いわば、面でピントを捉えているので、ピント合わせが難しい被写体でも簡単に精度よくピントが合います。」と言っています。5点とは赤の四角枠4つと中心1つ(中心の四角は表示されていませんが)の計5点だと思います。

10枚/秒の連射ですので 3枚=0.3秒の間は同じポイントですので、その間にフォーカスを合わせたいです。

8191

 

4枚目でやっとカワセミの羽にターゲットが合いました。でもピントは合っていません。

8192

 

一度ターゲットを捕らえると、次ではAF-Cの威力でグループのゾーンを外れてもピントは合うようです。

8193

 

これもピントが合っています。

8194

 

まだピント合っています。

8195

 

ピンは来ています。(くわえているのが、お魚では無いのに気づいたようで落としました。)

8196

 

このあたりからピントが合わなくなってきてます。

8197

 

これで思うのは、2枚目で水しぶきにターゲットが合っていれば、3枚目のカワセミが見えてきたときにはピントが

合うのではないか。ということです。

...言うは易し...ですね。 カメラの構え方、振り方 。。いろいろ考えます。

 

では、上記の結果をトリミングしたファイルで並べます。

4枚目です。フォーカスエリアで捉えただけでピントは合っていません。

1dsc_8192

 

5枚目、ピントが合いました。

1dsc_8193

1dsc_8195

 

 

 

 

 

小魚ではないのがわかって、捨てました。ピントが合ったのはここまででした。

1dsc_8196

1dsc_8197

ではでは。

 

 

 

« バックのきれいなカワセミ | トップページ | 謹賀新年 »

カワセミ」カテゴリの記事

カメラ機材・撮影方法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« バックのきれいなカワセミ | トップページ | 謹賀新年 »

フォト
2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

リンク

無料ブログはココログ