« 2021年11月 | トップページ | 2022年1月 »

2021年12月19日 (日)

D500でカワセミを撮る

今日はカワセミ嬢は出てくれましたが、少しの滞在ですぐにいなくなってしまいました。

 

撮れ高も少ないので、こんな時はカワセミ飛びものの撮り方の研究をしてみます。

Nikon D500 +AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + TC-14E II テレコン

の組み合わせす。APS-C の420mmですので換算630mmになります。

その他のデータは画面に表示しています。カワセミとの距離は約15m。三脚・ビデオ雲台使用です。

 

フォーカスモードは AF-C。 AFエリアモードは グループエリアAF を使っています。

D500のAFは他にも、シングルポイントAF、ダイナミックAF(25点、72点、153点)、3D-トラッキング、

オートエリアAF などありますが、カワセミ飛びものには グループエリアAF をメインに使っています。


Nikon NX Studioという現像ソフトはフォーカスポイントが見えるので、これを表示させて検討します。

 

1枚目。カワセミが水中に飛び込んだところです。

狙いは水しぶきの中心ですが、振りがまだターゲットに追いつけていません。遅れています。

8189

 

2枚目。大きな水しぶき。まだこのターゲットに合っていません。

8190

 

3枚目。カワセミが出てきましたが、まだ四角枠の中に入っていません。少しずれています。

Nikonによると、「このグループエリアAFでは5点のポイントで構成されたグループから最適なピント位置が割り出されます。いわば、面でピントを捉えているので、ピント合わせが難しい被写体でも簡単に精度よくピントが合います。」と言っています。5点とは赤の四角枠4つと中心1つ(中心の四角は表示されていませんが)の計5点だと思います。

10枚/秒の連射ですので 3枚=0.3秒の間は同じポイントですので、その間にフォーカスを合わせたいです。

8191

 

4枚目でやっとカワセミの羽にターゲットが合いました。でもピントは合っていません。

8192

 

一度ターゲットを捕らえると、次ではAF-Cの威力でグループのゾーンを外れてもピントは合うようです。

8193

 

これもピントが合っています。

8194

 

まだピント合っています。

8195

 

ピンは来ています。(くわえているのが、お魚では無いのに気づいたようで落としました。)

8196

 

このあたりからピントが合わなくなってきてます。

8197

 

これで思うのは、2枚目で水しぶきにターゲットが合っていれば、3枚目のカワセミが見えてきたときにはピントが

合うのではないか。ということです。

...言うは易し...ですね。 カメラの構え方、振り方 。。いろいろ考えます。

 

では、上記の結果をトリミングしたファイルで並べます。

4枚目です。フォーカスエリアで捉えただけでピントは合っていません。

1dsc_8192

 

5枚目、ピントが合いました。

1dsc_8193

1dsc_8195

 

 

 

 

 

小魚ではないのがわかって、捨てました。ピントが合ったのはここまででした。

1dsc_8196

1dsc_8197

ではでは。

 

 

 

2021年12月17日 (金)

バックのきれいなカワセミ

12/15の続きです。

 

後ろ姿ではなく、背景がきれいな絵を3枚。

1dsc_7708

1dsc_7744

1dsc_7816

青い空と森がバックなのですが、幻想的な色になってくれました。

 

 

2021年12月16日 (木)

お池のガビチョウ

12/15日の続きです。

 

カワセミの登場前に後ろの森できれいな鳴き声が....

この後ろ姿はだれでしょう?

1dsc_7428

あとでgoogleレンズで調べてみると、ガビチョウでした。

1dsc_7430

1dsc_7435

 

ボケていますが、ドングリを銜(くわ)えているので1枚。

1dsc_7433


ガビチョウのガビは「画眉」だそうです。
名の由来 和名は中国名の漢語表記(ただし中国正式名は画眉のみで「鳥」は付かない)を日本語読みにしたもの。 中国語: 画眉 (huà-méi) は、「塗った眉(painted eyebrow)」の意味で、眼の周りにある眉状の模様から
  出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

2021年12月15日 (水)

朝からお池に遠征

最近仕事が忙しかったので、今日は休みを取って朝からお池に行ってきました。

朝は....おお寒っ..と言う感じでした。(8時ですからそんなに早くはない)

 

いつものことで、中々上手に池からの飛び出しが撮れないので途中からです。

お魚くわえています。

飲み込むところもどうぞ....。

1dsc_7951

1dsc_7952

1dsc_7965

1dsc_7967

1dsc_7972

1dsc_7973

1dsc_7976

まだまだありますので、また。

Nikon D500 + TC-14E II +AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR

 

2021年12月13日 (月)

画面サムネイルのサイズ変更

このブログはサムネイルサイズを500px(ピクセル)にして、クリックすると別ウィンドウで原寸大にしていました。

クリック無しでも今以上に雰囲気がわかるように、最初のサムネイルを720pxの大きさにしてみました。

 

さて、どうなるか? 昨日撮ったカルガモの写真でテストです。

11dsc_7229

11dsc_7231

11dsc_7233

11dsc_7235

11dsc_7236

11dsc_7237

 

別なポーズもどうぞ。

11dsc_7252

11dsc_7253

 

アオサギも出現。スリーショットです。

11dsc_7293

スマホのiphoneを縦にして見ると画像は幅いっぱいで以前と同じ。

横にして見ると720pxの画像は以前より大きく表示されます。ということで問題ないのでこのまま進めます。

 

 

2021年12月12日 (日)

今日も出ました

昨日カワセミ君は早くから出たようなので、今日ははりきって早めに出かけました。

 

すぐカワセミ君と会えましたが、飛びものは上手く撮れませんでした。

止まりものですが貼っておきます。

 

秋?冬らしいバックで

1dsc_7109

 

1dsc_7144

 

1dsc_7319_20211212174001

 

1dsc_7355

 

まぁこんな日もありますね。

Nikon D500 + TC-14E II +AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR

2021年12月11日 (土)

久しぶりのカワセミ

久しぶりにカワセミに会えました。

仕事も忙しい。天気に恵まれない。カワセミは出ない。

中々うまくはいきません。

 

今日は天気も良く、比較的暖かい日でした。

 

来ました。なんか久しぶりに見た感じです。

1dsc_6969

 

 

1dsc_6975

 

飛び込み、飛び出し は写っていません、手の反応が鈍っています。

お魚ゲットして飛び出して水平飛行になってからやっとピントが合いました。

しかもかなり暗く写っています。大補正をして、やっと見れるようになった数枚です。

1dsc_6988

 

1dsc_6989

 

1dsc_6990

 

別な場面での飛び出しです。

1dsc_7026

 

これも元はかなり暗いです。上の写真のオリジナルが下の写真です。

冬の日は影っているところに飛び込まれると、真っ黒に近くなります。

Rawなので現像時に露出補正をかけて、トリミングして色補正を少ししています。

22dsc_7026

 

Nikon D500 + TC-14E II +AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR

 

2021年12月 9日 (木)

君の名は?

鳥の名前を簡単に調べる方法です。

 

これまでは 大きさ、色、鳴き声などの特徴で調べていましたが、

もっと簡単にスマホで調べる方法がありました。

 

インストールするアプリは

iPhoneなら「Google」を、Androidなら「Gooleレンズ」だそうです。

 

私はi-phoneなので 「google」を入れてみました。

11img_0866_20211209175701

 

 

アプリが立ち上がってから、検索窓で「googleレンズ」をクリックします。

以下のマイクの横の赤枠の中のものを「googleレンズ」と言うらしいです。

11img_0865_20211209175701

 

パソコンに映した画像の中の調べたい部分に合わせて、シャッターボタンをタップして検索します。

1img_0862_20211209175701

 

何か下部に見えてきました。

1img_0863_20211209175701

 

 

更にスクロールすると、オオバン と出ました。

1img_0864_20211209175701

鳥はじっとしていないので、写真に撮ったものをスマホで確認するのが便利です。

パソコンの画面だけでなく、カメラの背面の小さな液晶でも検索できました。

 

止まっている花なら直接映して調べられます。

Img_0867

 

パソコン画面に映したハチです。

Img_0873

Img_0874

だいぶ簡単に調べられるようになりました。

おすすめです。

 

 

2021年12月 8日 (水)

またもカワセミ

またまた11/25の蔵出しです。

 

1dsc_6568

 

1dsc_6569

 

ちょっと珍しいポーズです

1dsc_6570

 

1dsc_6571

 

この首振りで水の軌跡が撮れました(ピンボケが残念)

1dsc_6576

 

1dsc_6577

 

1dsc_6578

Nikon D500 + TC-14E II +AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR

 

 

2021年12月 6日 (月)

明るい日のカワセミ

11/25の分から蔵出しです(まだ残っていました)

この日は撮れ高が大変多かったです。

 

では、明るい日のカワセミ君の水中からの飛び出し。

もうすぐ出てきます。

51dsc_6550

 

でたぁ~~カワセミ君。 水玉がきれいに撮れてる、と ご満悦なのは私だけ。

51dsc_6551

 

小魚ゲットしています

51dsc_6552

 

水平飛行です

51dsc_6553

 

Nikon D500 + TC-14E II +AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR

やっぱ、鳥撮りは明るい日がいいですね。

 

2021年12月 5日 (日)

モズとカルガモ

久しぶりに近所の池にいきましたが、カワセミ君は残念ながら現れませんでした。

しかし今日は寒いです。晴れの予報でしたがかなり曇り空です。

 

モズ君が来たのでパシャリ。

1dsc_6912

 

モズもよく見ると可愛いです。

1dsc_6915

 

1dsc_6918

 

1dsc_6921

 

カルガモのつがいです。仲良く行動しています。

左が羽の下の色からオスだと思います。

1dsc_6858

 

正面からみるとオスメスの区別がつきません。

1dsc_6868

 

1dsc_6871

 

Nikon D500 + TC-14E II +AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR

 

 

 

« 2021年11月 | トップページ | 2022年1月 »

フォト
2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

リンク

無料ブログはココログ