« iOS版スケジュール・カレンダーソフト SnapCal が使いやすい | トップページ | 一時プロファイルでサインイン の解決方法 »

2016年3月28日 (月)

GoogleカレンダーをGTimeReportで整理する

GoogleカレンダーはWinのパソコンで使い、iPhoneでもSnapCal を使って同期させています。 今回、カレンダーの中身を整理して入れ替えましたので、忘れないうちに方法を書いておきます。(1年に1回もやらない作業なのですぐ忘れます)

古い年月のデータ(1995~2010年)を1つにまとめたり、仕事、家族、趣味などに分類したい時など、データをExcelにエクスポートして、整理したのちに再掲載しなおすのが目的です。


カレンダーのデータをExcelファイルとしてダウンロードするのに GTimeReport というWebにお世話になります。

以下のように、GtimeReportで1995年から現在までのデータをまとめて出力させました。
Show end time column にチェックを入れるのを、お忘れなく。
 
 
Gtr01_2

出力されたexcelファイルを加工します。
私の場合、20年間分で7000イベントありました。(昔のデータは1日1イベントにまとまっています)

エクスポートしたデータを再掲載できるように加工します。
タイトルの Text はSubject に書き換え。Weekday と Duration の列は削除。End Dateの列を追加。データの最後にある Total: の行の削除。 以上を行います。

あとは Project 毎に csvデータとして切り出し、Projectの列を削除して再度保存すればインポートファイルの完成です。(以下参照)
 
 
Csv
 



サンプルをGoogleカレンダーにインポートして確認

Gtr05

うまくいったようです。

古いGoogleカレンダーをそれぞれ削除して(これが結構怖い)、整理したものを再インポートします。(自己責任でお願いします。一切責任は持てません。少量のデータで試すことをお勧めします)

これで、すっきりしました。
Windows と iOS SnapCal の連携で昔のデータも上手に利用できるようになります。


« iOS版スケジュール・カレンダーソフト SnapCal が使いやすい | トップページ | 一時プロファイルでサインイン の解決方法 »

iOS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/259330/64730442

この記事へのトラックバック一覧です: GoogleカレンダーをGTimeReportで整理する:

« iOS版スケジュール・カレンダーソフト SnapCal が使いやすい | トップページ | 一時プロファイルでサインイン の解決方法 »

フォト
2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

無料ブログはココログ