« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月30日 (火)

F1 ART SCENE 写真展

2006年のF1ハンガリーGPで、ジェンソン・バトン(ホンダ・レーシングF1チーム)が第3期のホンダF1に初優勝をもたらしたマシン『RA106』が展示されているということで、横浜のそごう横浜店で、F1写真展「F1 ART SCENE 写真展」を見てきました。

A141230_f13


A141230_f12


A141230_f1

2014年のF1マシンより、2006年のほうが形がきれいに感じます。
来年のF1が楽しみです。日本人ドライバーの登場が待たれますね。


2014年12月21日 (日)

ZTE Blade Vec 4G かなり良いぞ!

Galaxy SⅢ docomo SC-06D から simFreeスマホ ZTE Blade Vec 4G への乗り換えです。

SIMは Biglobe の エントリープラン(LTE月2GBまで):972円 WiFi付 を使っています。(音声通話は無し)

比較
A0001
製品名     左 Galaxy SⅢ    右 ZTE Blade Vec 4G
AndroidOS   4.1.2          4.4.2
CPU       デュアルコア1.5G  クアッドコア1.2G
画面       4.8inch        5.0inch

横幅はほとんど同じです。 重さは ZTEの方が6g軽いようですが、持った感じはそれ以上に軽く感じます。
画面サイズは0.2inch違うのですが、ZTEはホームボタンも画面の中なので、実質画面サイズは4.8inch程度で同じになります。

下の写真は、画面上部を合わせたものです。実質面積はSⅢと変わりません。
A0011


TPUのケースをamazonで購入しました。
A0022
TPU=熱可塑性ポリウレタン(Thermoplastic Polyurethane) だそうです。


右下にはストラップ通しの穴があるようです。写真は手前がボケています。
A0031


さて、本体ZTE Blade Vec 4G ですが、以下の点で気に入っています。

・電池の持ちがすごい。 これまでのSⅢだと夜家に着くころには残量10%になってしますが、ZTEは50%以上残っています。 docomoのソフトが入っていないとこうも違うのでしょうか。素晴らしいの一言です。

・LTEの掴みがよい。 3バンドのLTEがつかめるようです。家でも会社でもLTEのアンテナがピンと立っています。

・テザリングができる。 docomo端末と格安SIM組合せではテザリングができないが、ZTEではあっさり認識。これでIpad mini WiFiを、お外に連れ出すことが可能になります。

・CPUの差か、SⅢのもっさり感がなくなっており、ZTEはきびきびしている。 

以上、4点向上しました。なかなか良い買い物でした。


・・・追伸 Biglobe はいつの間にか1G/月から 2G/月に替わっていました。
  私は、土日は家でWifiなので、月~金で1日90Mバイト以上使える計算になります。
  
  料金据え置きは大歓迎です。


2014年12月 6日 (土)

ギターのハム音対策

せっかく買ったアンプで音をだしてもハム音がひどいので何とかせねばと対策を考えました。
第一に疑ったのはギターケーブルです。別なものに交換してみても変化なし。 これはギターの可能性大です。

100均で50mm幅のアルミ粘着テープを買ってきて、内部に重ね代をつけて貼ってみました。
A001ham_2


ついでにジャックに行く配線を交換し、取り外しできるように平型の配線コネクターをつけてみました。 ほんとは丸型のギボシ端子の方が小さくて良かったのですが、平型が手元にあったのでこれで決行。 ジャック側から配線も引き出せますので良しとします。
A002ham


ピックガード側にもアルミテープを貼りました。効果は不明ですが。
A003ham


コネクターを繋いだ状態。ちょっと配線が長かったかも。 
A004ham

スプリリング側に伸びているアース配線の様子。スプリング周辺、アーム機構の部分もアルミシールドをしました。
A005ham

さて、結果は...というと。

大成功でした。 かなりハム音は減少します。
よかった。


« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

フォト
2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

無料ブログはココログ