« Stylus1 | トップページ | 真田紐でつくるカメラストラップ »

2013年12月 8日 (日)

簡単確実・カメラストラップの自作

簡単に作れて、落下・抜けなどの不安の無い、ハンドストラップとショルダーストラップが簡単に交換可能。
というカメラストラップを考えてみました。

ハンドストラップ完成形

S1208022
  
  
  
以前使っていたストラップ
  
1208002
  
 これは、ハンドストラップ とネックストラップが 樹脂バックルを外せば交換できるので、S95(重量 約200g)で愛用していました。 ただ、Canon G15 や Olympus XZ-2 や Stylus1 などのカメラだと、重さが300~400g になるので、このまま使うのは、やや不安。
 
ならば、自作してみようと..
 
材料 オカダヤ新宿店で購入
  
  ポリプロピレンテープ 巾10mm  @105 X 2M = \210
  YKK アジャスター  10mm @30 x 4ケ =\120
           計 \330 (ストラップ2つ分) 税無し価格
    
 ↓左のNifco製アジャスター @80 は使わなかった
1208004
  
  
  
テープは半ひねりして、カメラの三角環 に通します。
  
1208005
  
  
  
通したテープに、根元のテープをくぐらせる。
  
1208006
  
  
  
手前のテープは端部を半田ごてで溶かして処理。
奥のテープは 折り畳んで、これも半田ごてで接着してしまう。 
  
1208008_2
  
  
   
 
  
ハンドとショルダーの長短2セット完成。
 
1208010
 
 
  
  
...テープ端部が上に上がったりして、収まりがちょっと悪い。
テープアジャスター(写真手前の黒いもの) (サルカンと言うらしい) があれば良いのだが、オカダヤにも売っていなかった。 写真のサルカンは 8mm巾なのでこのテープには合わない。
 
 
1208009
  
  
  
  
ならばと、PPテープを輪にして、半田ごてで抑えれば自前のカルカンができました。
カルカン付ストラップ完成形
  
S1208023
  
  
  
  
ショルダーストラップ。裏側。
  
S120825

以上、 簡単、安全、交換可能なストラップが大小できました。
使ってみるとなかなか、快適です(自画自賛)。


« Stylus1 | トップページ | 真田紐でつくるカメラストラップ »

デジモノ & ソフト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Stylus1 | トップページ | 真田紐でつくるカメラストラップ »

フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

リンク

無料ブログはココログ