« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月23日 (金)

スマホでVz-Editor

スマホでVz-Editorというか、アンドロイドでVz-Editorの企画も長くなりました。

Vz-Editor生き残り作戦ですが、外出時のメインは書くならAndroidタブレットになりつつあります。
でも電車の中でつり革につかまっていてVzを見るだけなら、スマホを使いたいと思ってます。

で docomoのL-04Cの出番です。web検索とテザリング用に使っています。

これでVzを表示させるのですが、anDOSBoxを使うと、以下のように立ち上がります。 
画面 横幅480x縦320ドットですので 横1/4が表示されません。

Img_1294

スマホはハードキー付きでもキーはパソコンと比べると少ないです。 ESCもF01-F12もありません。
Vzでは困りますが、anDOSBOXには画面タッチで特殊キーが表示されます。

Img_1292

これでなんとかやりくりすれば使えます。

でも、巾640ドット以上のハードキー付スマホが欲しいですね 
モトローラあたりを探しましょうかね 安い中古ないかな...
LGのMach ↓ これ、かなりよさげです。欲しいな。
でもキーが少ないんで泣くだろな。
Lgmachslidersprint_2


2012年11月18日 (日)

Android tabと200LXの比較

Android TabletでVzが使えるか? サイズは? 見やすいか?
結論は、使えます。サイズは200LXと同等。カラーで見やすいです。

800*480ドット、800*600ドットの最低価格帯の中華パッドが
フォントがくっきりして見やすいようです。(この解像度は大概 6000~9000円なので 財布にも優しいです)

1024*768とか1200*800、1200*600の一般品、高級品は画面が拡大されるので、フォントも拡大されてしまい読みづらくなります。(過去の8inchのランドスケープの記事参照のこと)

実際のサイズを測ってみたのがこれです。

600480_3

800*600のLegendの場合です。
 キーボードの部分にLXのサイズを参考に入れてあります。 LXは14行表示の設定です。文字部分は12行になります。

また右側には7inch 800*480も比較のために記載しました。
600ドットと480ドットの高さの差がよくわかります。


以下は800*480です。
480


VZの速さはOnda v701のデュアルコアは早いです。STKHELP.defの検索時間で比較すると
LX倍速よりだいぶ早いです。 LegendのシングルコアでLX倍速より少し早い感じです。

肝心のVzのマクロは途中で止まるものもありまが、
リターンを1回打つと再開しますのでなんとかなります。

この辺は多くのマクロ師に参加していただければ、対処方法が少しづつわかってくると思えるのですが。...仲間がほしいですね。

この novo7Legend は800*600のサイズなので極めてレアな商品ですが、今後も残してほしいものです。

タブレットのその他のサイズの選択肢としては、8インチの1024*768ドットは画面縦横比率が4:3:なので大きなキーを表示できるので打ちやすいです。
8インチは縦で使えば768ドットの中に640ドットで表示されます。フォントはきれいなのですが余白が多くてVzは小さく表示されます。

なかなかちょうど良いものはないですね。
(8インチ のiPad Mini のサイズ重量が良いが、これだとVzが走らないでしょう)

2012年11月17日 (土)

Android 800*600画面のVzは?

Ainol NOVO7 Legend 7inch 800*600画面でのVzです。

画面が600ドットと広くなったので、ランドスケープ(横)の状態で、キーボードの高さを onda V701(480ドット)のときよりも高くしました。それでも、Vzは18行表示で出すことが可能です。編集画面で16行表示されていますので私には充分な行数です。

60001


ポートレート(縦)の状態でも以下のようになります。
横が600ドットしかないので、640ドットから 40ドット分欠けていますが問題ないですね。


60002


縦の編集画面です。 縦の場合は30行表示になります。30行は見通しがいいですね。

600shot_01

まずは、動いたので一安心。 
横画面で行数の制御なしで開くと、これも30行表示になります。
外付けUSBキーボードで打つならば、こんな画面が手に入ります。
やっぱカラーはいいな。 

Screenshot_20121118105625

画面の寸法は次ページで

2012年11月14日 (水)

Ainol NOVO7 Legend が来た

800*600画面の Ainol NOVO7 Legend が来ました。

立ち上がり Legendの文字
111401

左は onda V701 800*480  比較すると 480と600ドットの違いが高さに出ています。
111402

側面の端子類   HDMI端子はありません。(V701にはあるが使ったことが無い)
111403

上部の電源スイッチ、左より ホーム、ボリューム+-、電源
111414

仕上げの感じは、ONDA V701と比較するとかなり良いです。
側面に丸みがあり、スイッチの感触も良好です。チープ感は少ないです。
(onda v701 はプラスチックのバリが出ていた。))

画面移動時の遅さは、なんとなく感じます。 A13シングルコア。512KBのメモリのせいでしょうか。
でも問題なし。

2012年11月10日 (土)

AndroidのanDOSBoxの設定(まとめ)

忘れてしまうので設定のまとめを

Screenshot_20121110183453
 Jw_cad dos版の表示例↑

まず材料は anDOSBOXというDOSエミュのソフトです(GooglePlayで有料です)。 aDOSBoxという無料のソフトもあります。(私は使っていませんが、設定は同じ様なものだと思います)

 dosbox.conf  の[autoexec]以降を記載
[autoexec]
#@Echo Off
mount c: /sdcard/dosbox
c:
path=c:\dos;c:\vz;c:\jwc

c:\dos\fontnx.exe /p=\font\
c:\dos\vesapat.exe /jp
c:\dos\dspvv.com hs=off

DEVICE C:\dos\PANSI.sys
chej VT
DEVICE C:\dos\kkcfunc.sys

DEVICE C:\WX2\WXK.SYS /A1 /~
DEVICE C:\WX2\WX2.SYS /INI=C:\WX2\WX2SYS.INI /EZ /A1 /J1 /D*C:\WX2\WX2.DIC /DC:\WX2\WX2U.DIC
---------- この後はお好きなバッチファイルを

説明 [autoexec]の前まで変更無し
mount    /sdcard/dosboxをC:\としてマウントする。
Path    c:\dos, c:\vz, c:\jwc にパスを通しておく。
fontnx.exe DOS/V 汎用のフォントドライバで

\font\ 記入のフォントファイルを組み込む。
vesapat.exe 互換性用のサポートプログラム /JP 純粋な英語DOSで使用する場合に使用する。
dspvv.com  Normal VGA用のDOS/V $DISP 互換のディスプレイ・ドライバ。hs=off: 画面モード設定の際にsoftware scroll にセット。

DEVICE.COM デバイスドライバーをTSR型としてロードするコマンド。
PANSI.SYS  ANSI.SYSの互換ドライバー。(ANSI.SYSは標準エスケープシーケンスのサポート)
chej.exe  CHEV.EXE互換であるDOS/V系汎用の画面モード、動作環境変更ツール。
kkcfunc.sys 仮名漢字変換システム。DOSモードで漢字変換するのに必要。

WXK.XYS WX2.SYS 日本語FEP

ここまで正しく組まれていれば、以下のようなdos画面になります。
Screenshot_20121110182723
 WX2を組み込んだメッセージが日本語の全角半角で表示されていればOKです。

/DOSBOX/ のフォルダ構成
/dos
 FONTNX.EXE
 VESAPAT.EXE
 DSPVV.COM

 device.com
 PANSI.SYS

 CHEJ.EXE
 CHEJ.INI

 kkcfunc.sys

/Font
 FONTN.INI
 JHSLCC19.FNT
 LXHN16X.FNT
 LXZN16X.FNT

/WX2

/JWC
JW.BAT -コ が文字化けしてます。-K2 -98 -$ これらオプションの意味はすっかり忘れていますね  (^^;

/VZ
AZ.BAT すっぴん表示
AZC.BAT 13行表示

以上

2012年11月 4日 (日)

Vzで表示するフォントを考える

masaさんのブログ masa's WonderLand blog のNOKIAのマシンのフォントを見て「読みやすーーい」って思いました。

私も、AndroidのDOS画面のFontを替えて、読みやすくしたい。
やっぱり見やすいフォントがいいですね。

半角16ドット、19ドット、全角16ドット なんでこの組み合わせだったか..忘れた。
半角19ドットって何に使われているのか...??? わかっていない。

ただ、この3つのセットが無いとダメなのはわかっているがが、
ググってもでてこないぞ。 だれか教えてください。

で、FONTを探しまくってたどり着いたのが Font Silo (フォント・サイロ)

早速、インストールして比較しました。 ↓クリックで拡大
Font6

左上が、これまでのLX日本語化キットの中のフォントです。
その他の5つが今回導入したものです。どれも、味わいがありますね。

気分で替えるとして、まずは教科書体を使ってみます。
すてきなフォントを提供してくれる平木敬太郎さんに感謝です。


2012年11月 3日 (土)

Ainol NOVO7 Legend

なぜか気になる...

10311727_5090e0fce9296

Ainol NOVO7 Legendです。 CPUにAllwinner A13 1GHzを搭載した安価な7インチタブレット。シングルコアだし、メモリは512MBしかないし、ストレージは8GBだし、Bluetoothは無し、HDMI端子も無し、IPS液晶ではない...

本当に伝統的な、半年から1年前に多くあったスペックです。
あちこちで、いろいろ言われてます。何でいまさら。。とか評判悪いです。

でも、私は 7inchで800*600の 4:3比率の画面に惹かれるんですよね。

↓クリックで拡大
Tab78_2

 「7inchtab.pdf」をダウンロードA4で印刷するとサイズの違いがわかります。

青色のラインがLegendの外枠と画面サイズの予想寸法です。
4:3比率は高さが稼げるので、ソフトキーボードを入れても具合がよさそうです。

8インチTABは画面が大きいのは良いのですが、重さが500g近くあったので毎日持ち歩くにはちと辛かったです。
ただ最近は MOMO8や Hyundaiの8インチは重さ390gと軽くなりました。サイズも小さくなっています。
最初に買ったonda Vi30 からわずか3ヶ月しか経っていないのに、100gも軽くなって進化が早すぎます。

7inchTABは300gと軽くてよいのですが、1024*600 や1280*800の横長画面が多く、キーボードを画面に出すと狭く感じます。

なので7inchの 800*600dot が良さそうだなぁ...というわけで予約注文しました。

2012/11/05追記
 スピードがdosエミュでどのくらい出るのか、未定です。
 現在使っている v701 は 1GDualCoreですが、200LXの倍速よりも、かなり早いです。
 これがLegendのシングルコアになると、どうなんでしょうか。わくわくドキドキですね。

2012年11月 2日 (金)

タブレットに合うキーボードアプリ

1jkit

7inchタブレットを使ったVz-Editorによる入力もだいぶ慣れました。
入力に使っているのは「日本語フルキーボードFor Tablet」です。
なんといってもファンクションキーが付いているのが一番良いです。

ただ、残念なことは横一列のキー数が多いので、左右の矢印キーの巾が狭くて
押しにくくなっているのが残念です。


ファンクションキーを使わないで済むなら、「Hacker's Keyboard」がお勧めです。
7inchタブレットでも左右上下の矢印キーが押しやすいです。
(上下も5段キーのため、日本語フルキーの6段と比べて高さが稼げます)

ただ、私の場合はVzではファンクションキーを使うしなぁ。しかも Mifes mode だ。
いまさら F3 F5 F6 F7 を使わないキー操作は.... できないだろうなー。

この5段の上に厚さの薄いファンクションキーが付けば最高なのだが...
要望してみようかな...でも英語だな...

比較写真 ↓拡大
 Key7

こうやって並べると横幅に入るキーの数の違いがわかります。

日本語フルキーボードFor Tablet がもう少し押しやすく改良されると嬉しいけど、
要望するにも代案が浮かばない...

2012/11/05追記
 と書きましたが、やっぱりファンクションキーとDELキーが有るのは 走召 便利ですね。
 改良の要望してみようかな..

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

フォト
2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

無料ブログはココログ