« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月26日 (日)

ONDA Vi30 双核版 その後

ONDA Vi30 双核版 中華タブレットを使ってからそろそろ一ヶ月経ちます。

感想は

WiFiの接続は切れませんし、スピードも他のAndroidマシンと同じです。
中華ソフトは GoランチャーExでフォルダにまとめて隠していますので気になりません。
バッテリーも持ちます。 WiFiを切っておけばほとんど減りません。

ルートも取っていませんし、フォントも入れ替えていませんが、
そのままで使っても全く問題ありません。
液晶はIPS液晶ではないので、斜めから見ると見にくいときもあります。


最近の東映無線のページをのぞいてみると、ONDA Vi30 双核 は値下げされていて、
12000円を切っています。さらにバッテリー強化の Vi30W (但し厚みが厚い)も
同じ値段で売られています。


Vzを使うなら 1024*768の4:3画面は貴重です。
9.7inchの4:3画面なら縦画面でもソフトキーボードは打ちやすいと思います。
最近8インチでも1200*800の横長画面が主流になりそうです。


4:3画面は残して欲しいですね。
IPS液晶で4:3画面で8~9.7inchのタブレットが欲しいな。

こんなこと言う人は少数派でしょうが....


2012年8月15日 (水)

 IIJmio高速モバイル/Dサービス

これまで使っていた日本通信のU300が来月で8ヶ月の終了月になります。

今度は、IIJ の高速モバイル/Dサービスを注文しました。このSIMが本日届きました。

Iij_3

初回費用 3,150円、 月額945円。初年度年間平均 1200円/月になります。

通常 最大128kbpsなので U300より遅いらしいが実際はどうなのでしょうか。

追加クーポン 525円で 100MB分。 クーポン購入時は下り最大75Mbps、上り最大25Mbpsの高速通信ができるらしいが.... 追加クーポンの頼み方がわかっていない....。

Iij1jpg

Iij2jpg

今回は Micro SIMにしました。

2012年8月14日 (火)

8インチタブレット用ケース

Amazonで 8インチタブレット用 ドロイド君エンボス レザーケース というのを頼んだら届きました。

005coverjpg

本体に対してケースが かなりぎりぎりのサイズになっています。コンパクトでよいのですが、挟むゴムがきつそうです。on-offスイッチと Volume上下の間をゴムバンドが通ります。

006cover

高級感 ありません。 品質 それなりです。 単価\400+送料手数料\320 です。

電車で座っているとタブレットを出して使いますが、睡魔が襲ってくるので落下のヒアリハット事故が数多くありました。落としたときの衝撃防止には充分役に立ちそうです。 

2012年8月13日 (月)

日本語フルキーボードFor Tablet 設定

最近 ほんとに物忘れがひどい。覚えられないので 書いておこう。

2012/10/20 以下書き換修正しました。(画像の間違い etc)

Android設定 言語とキーボード
 日本語フルキーボードFor Tabletの設定
 拡張キーボードをONにすると数字キーとファンクションキーが使えます。
 Dos がUSモードなので、キーボードの設定も「米国キーボード」にします。
 HP200LXでUSキーに慣れているのでこれにしました。他のキーは試していません。

anDOSBox起動後の設定(下段真ん中の設定キーでメニューを表示)
 Resize:On で画面エリア拡大。
 Input Mode から Map Left-Alt Key にチェックを入れて 左Alを有効にさせます。
 Keyboard Onで Keyboard 表示。

Andos

キーボードは以下のようになります。 WX2の起動キー 、\ 逆さ/ のキーさえ判っていればOKでしょう。
dosで使うので「全」はonにはしません。
起動キーは Alt+` です。 Shift 、Ctrl、Altキーの長押しに注意。

Key


さてさて、Vzもだいぶリハビリ学習が効いてきて、いろいろ思い出しました。
Aandroidでも快適に使えるようになりました。 よしよし。

2012/10/20追記 使用の感想

 使えば使うほど 日本語フルキーボードFor Tabletのすばらしさを実感します。便利です。作者に感謝です。
ただ8インチタブレットの横画面でも↑↓スクロールキーがうまく捕まえられないことがあります。他のキーを押してしまいます。 7インチはもっと小さいのでさらに押し間違いになります。
タブレットか私の指に原因があるのでしょうが、このあたりの改善策があればよいのだが...

2012年8月11日 (土)

AndroidでVz Copy やMoveの挙動

パソコンではVzのファイラーは2画面を標準にして、FDのように使っていました。
AndroidのDosboxではVzの子プロセスでCopyやmoveを行うと、画面の表示が
おかしくなります。

右側のファイルを削除します。
001

削除されますが、その後の画面が以下のようになってしまいます。
002

一旦、Vzを終了して、 CHEJ VTと打ってモードを再指定しないと、画面の乱れは直りません。
この乱れたときのモードは chej と打って調べると 70hのdos/vモードです。
元々のモードと同じなのですが、乱れます。 Chej vt と打つと同じモードだが乱れないで表示される。???


うまい手が考え付かないので。Copy、Move, Dellなどのコマンドの後に Chej VT を入れて、 70hのビデオモードを再度指定することにします。

:C pm="コピー %^Zcopy %[/s] %[/t] /x %@0 %2%G ;c:\dos\chej vt", #!.
                                 ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
003

004

とりあえず、うまいこといきました。


« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

フォト
2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

無料ブログはココログ