« 2011年1月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年2月27日 (日)

Let's Note CF-W5

昨日の秋葉原行きがいけなかった。
スピーカーを見に行ったのに、気がついたらノーパーを買っていた。

PANASONIC Let's NOTE W5 CF-W5LC4AXS

CPU:CoreSolo U1400_1.2GHz メモリ:512MB+1GB
HDD:60GB ドライブ :DVDコンボ  モニタ:12.1"TFT(1024*768) 無線LAN無し
OS:WindowsXP_Pro

無線LAN無し、Core2Duoではありません。 なので安い。

Cimg0275

Cimg0278
Let's Note CF-W5

外観もきれいだし、メモリ+1GBの1.5GBでサクサクです。
Officeソフトも2003を入れました。

これまでCF-R1を使っていましたが、W系の幅になるとキーが打ちやすいです。

Excel とVZ-Editor しか使わない私としては十分すぎる性能です。 

DVDドライブが最初はCDを読んでくれないので、あせりました。
レンズをCDクリーナーでゴシゴシやったら読めるようになりました。

バッテリーカタログ値10.5時間でしたが、このマシンは実測4.5時間でした。
これだけ使えれば、とりあえずは十分。 

大事に使うのだ。

2011年2月26日 (土)

バスレフ型スピーカーFF225WK

フォステックスの新型スピーカーが発売になるそうですが、
秋葉原のコイズミ無線で浅生さんの作成したAS225WKDを聞いてきました。

FF225WKは20cmフルレンジのスピーカーです。

Cimg0269

左の黒い箱はフォステックスの標準箱、中央上の2WAY箱がAS225WKD、
その下3WAYは、フォステックス製作例のトールボーイです。

なかなかよかったです。
...が、先月聞いた16cmのFF165WKもかなりよかった。AS165WKD。
どちらがいいか迷います。

先月のほうが聞いた曲が好みのCDだったので、その影響もあるのでしょう。
どちらがいいかを判断するのは難しいですね。

20cmのほうが低音はゆとりを持っているような気がするのだが、
16cmの音もなかなかどうして、忘れられません。

16cm・・5000KHz 、20cm ・・1500KHz ネットワーク切り替え周波数の違いや
使っているトゥイーター の違いかもしれません。

16cmでバスレフ型SP 作ってみたくなりました。


2011年2月 8日 (火)

大阪城の梅林

大阪城公園の梅林にやってきました。
本日は曇り空。やや肌寒いです。
Cimg0188


Cimg0191


Cimg0210


Cimg0211


Cimg0214


Cimg0239
大阪城の内堀の大きさにはびっくりしました。 おっ、おおきい!

まだ、咲き始めでしたが、梅っていいですね。

« 2011年1月 | トップページ | 2011年5月 »

フォト
2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

無料ブログはココログ