« 大阪城の梅林 | トップページ | Let's Note CF-W5 »

2011年2月26日 (土)

バスレフ型スピーカーFF225WK

フォステックスの新型スピーカーが発売になるそうですが、
秋葉原のコイズミ無線で浅生さんの作成したAS225WKDを聞いてきました。

FF225WKは20cmフルレンジのスピーカーです。

Cimg0269

左の黒い箱はフォステックスの標準箱、中央上の2WAY箱がAS225WKD、
その下3WAYは、フォステックス製作例のトールボーイです。

なかなかよかったです。
...が、先月聞いた16cmのFF165WKもかなりよかった。AS165WKD。
どちらがいいか迷います。

先月のほうが聞いた曲が好みのCDだったので、その影響もあるのでしょう。
どちらがいいかを判断するのは難しいですね。

20cmのほうが低音はゆとりを持っているような気がするのだが、
16cmの音もなかなかどうして、忘れられません。

16cm・・5000KHz 、20cm ・・1500KHz ネットワーク切り替え周波数の違いや
使っているトゥイーター の違いかもしれません。

16cmでバスレフ型SP 作ってみたくなりました。


« 大阪城の梅林 | トップページ | Let's Note CF-W5 »

Speaker」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大阪城の梅林 | トップページ | Let's Note CF-W5 »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

リンク

無料ブログはココログ