« 東京スカイツリー | トップページ | デジタル一眼レフ »

2010年6月19日 (土)

東京スカイツリーの傾きは?

東京スカイツリーが傾いているように見えたのは、底辺が三角形だからだ。
..とWEBの記事に書いてあるのを見たが、本当かな?....

というわけで、JW-CADで書いてみました。

Tst12

確かに書いてみるとわかります。
左右の稜線の角度が同じになりません。
これでは見る位置によって微妙に形が変化することになります。
総武線の錦糸町が真南の位置になり、左右対称に見えるそうです。
小岩や両国では違って見えるはずです。

設計者には昔のお化け煙突のような狙いがあったようです。
(千住に昭和36年まであった煙突です。子供の頃2,3回見ました)

そりとむくり。心柱免震構造など、構造的にもおもしろいです。

東京タワーも比較のために載せましたが、イラストの展望台の高さが
150m250mにならず、少し低いのはご愛嬌。
東京タワーは底辺80m で333/80= 高さとの比は約4倍。
スカイツリーは634/68=9倍以上です。
50年の差はいろいろな技術に現れているようです。

スカイツリーはやっぱり高い。

« 東京スカイツリー | トップページ | デジタル一眼レフ »

JW_CAD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京スカイツリー | トップページ | デジタル一眼レフ »

フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

リンク

無料ブログはココログ