« 風呂場のブラインド | トップページ | 画像サイズ縮小のソフト »

2009年12月13日 (日)

FE88ES-Rバックロード その5グリル

1230a
よくある長岡式バックロードは正面の下部に穴が開いているのが多く、開口部からほこりも入るし、いかにもバックロードホーンでございますという顔になっています。今回はフロントの真ん中に大口を開けているので、これをグリルで隠すことにします。


0912131
まず骨組みを作りました。 10*30mmの木材(米松?)です。


0912132
ボックスの上に載せて位置あわせをします。このあと四隅のビス穴を開ける訳ですが、このへんの詳細はVIC's DIYに詳しく載っています。VICさんのHPは大変参考になります。感謝です。


0912133
ジャージーを貼った表と裏側です。 ジャージーは秋葉原のコイズミ無線で昔買っていたものを使います。


0912134
ビス廻りの拡大写真です。 ビスにはストローをきったものを挿して、横からビスの山が見えないようにしました。木枠の表側は黒色で塗装してます。 ジャージーは「ボンドGクリヤー」透明を塗って固定してゆきます。


Sp12303
グリルとSPボックス(箱)の間に隙間を空けて取り付いているのがわかりますか?


1230b
完成です。グリルの有り無しです。 どちらが良いですか。


091213c
私はグリルを貼ったほうが好きです。がさつなスピーカーが隠れたほうが好ましく思います。
隣のNS-1000Mもグリルを貼ろうかな..何とかしたいです。


« 風呂場のブラインド | トップページ | 画像サイズ縮小のソフト »

Speaker」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 風呂場のブラインド | トップページ | 画像サイズ縮小のソフト »

フォト
2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

無料ブログはココログ