« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月26日 (日)

タケノコ掘り

P0011
へっぴり腰で掘ると

P002
ちょっともったいない取れ方でした。

P004
これもいまひとつです。

P003
これはまぁまぁです。でも、この人が掘ったのではありません。

2009年4月25日 (土)

HP200LX のConfig &Autoexec

200LX のConfig とAutoexec 
---- Config.sys -----------------------------------
files=20
buffers=20
shell=d:\dos\command.com /p /e:512
device=a:\jkit\lxjex.sys
device=a:\jkit\lxfont.exe -fa:\jkit\lxfont.ini
device=a:\jkit\lxdspd.exe -fa:\jkit\lxdspd.ini
device=a:\jkit\lxansi.exe
rem ------ EMSinstは 28 page --------------
device=a:\jkit\lxemm.exe
device=a:\jkit\lxkkc.sys
DEVICE=A:\WX2\WXK.SYS /A1 /~
DEVICE=A:\WX2\WX2.SYS /INI=A:\WX2\WX2SYS.INI /EZ /A1 /J1 /D*A:\WX2.DIC /DA:\WX2U.DIC
-------------------------------------------------
JKITを使っていること
EMSを28ページ取っている事
FEPにWX2を使っているのがわかりますね。


----- AUTOEXEC.BAT ------------------------------
@echo off
prompt $p$g
PATH=C:\;D:\;D:\BIN;D:\DOS;a:\jkit;A:\BIN;A:\VZ;A:\FD;A:\BAT;A:\WW;c:\_dat;
rem ######### A:\BIN に Battlog を入れて Path を切っている ########## 
a:\BIN\CLKUP31.COM
rem  a:\BIN\CU32.COM なぜCLKUP31にしたのか不明?
SET TMP=A:\
set VZSYM=s16
SET VZBAK=\BAK
set JWVFNT=#A:\FD\
set JD=A:\WW
SET LXSCHD=/S:a:\wt\tdb\ /D:a:\wt\tdb\ /F:10 /A:+ /M:+ /n:-
MODE CON RATE=24 DELAY=1
A:
LXCTRL /T90 /V0 /BT+73
rem LXCTRL /T300 /V0 /BT+73
EXKEY -t+ -fa:\exkey.ini -b200
Battlog
rem ########## ここでBattlog 起動 常駐 ########
rem ----- 大容量フラッシュ 容量0 電源ON後のファイラー
TRAP36.COM

a:\vz\VWX -z2 -l4096 -x1 -v3
cd \wt
VZ -Z
vz
-------------------------------------------------
いきなりVZを常駐で立ち上げています。
VZマシンですね。

Battlog が記録されないという質問がありましたので、以下に調べるポイントを書いてみます。
Battlog.com があるか。 Battlog.exmがあるか。
PATHが通っているか。などでしょうか。
マニュアルを読んで冷静に確認するとよいと思います。

私もVMAPで確認すると.....
------- A:\_DAT>VMAPで確認 ---------------------------------
VMAP Version 2.01 Copyright (C) 1989-91 by c.mos

addr PSP blks size owner/parameters hooked vectors
---- ---- ---- ------ ------------------------- -----------------------------
02CC sys 1 3136 lxjex
0391 sys 1 22448 lxfont D0 DF EB ED F8 FC
090D sys 1 13584 lxdspd F3
0C5F sys 1 3952 lxansi CON
0D57 sys 1 2416 lxemm 67
0DEF sys 1 2864 lxkkc F6
0EA3 sys 1 11888 wxk
118B sys 1 9776 wx2 16
13EF sys 5 14096
1765 <-- 3 2992 command 22 23 24 2E
1823 <-- 2 128 trap36 15
182D <-- 1 544 clkup31 06 10
1850 194E 1 240 battlog (env)
1860 <-- 1 992 lxctrl /T90
189F <-- 1 2784 exkey 08 09
194E <-- 1 3968 battlog 1C 28 5F ##### 常駐してます ######
1A47 1 240
1A57 <-- 1 1648 vwx 1.08b -z2 -l4096 -x1 2F
1ABF 1 240
1ACF <-- 1 3904 vz 1.60Q -Z 1B 21 29
1BC4-9F00 1 537536

----- EMS ver4.0 (frame: D000h) -----
handle pages size name
------ ----- ------ --------
1 8 128k WX2K
2 2 32k WX2
3 2 32k for Vwx!
4 9 144k VZ
free 7 112k
total 28 448k
---------------------------------------------------------------------
battlogが常駐しているのがわかります。

Battlogj.txt(マニュアル)からの一部引用です
    Copyright(C) 1995-1998 Seiji Ieiri (GAOGAO)
=======================
# BATTLOGのインストール
=======================
とっても簡単です。
BATTLOG[enter]
200[enter]

- BATTLOG.COM をツールを入れるディレクトリにコピーし(c:\tool c:\_dat e.t.c)、
- PIM(100 or 200)を起動する前に、MS-DOSのプロンプトで、
- BATTLOG [enter] とタイプするだけです。

上記の操作の後、BATTLOG.COMは動作を始め、C:\BATTLOG.LOGを自動的に生成します。
5分おきに、電圧データがこのファイルに書き足されていきます。(常駐を解除した
ければ、BATTLOG /R[enter]とタイプします。)

- BATTLOG.EXM を C:\_DAT ディレクトリにコピーします。
- PIMを起動し、BATTLOG.EXM を "More Applications" に登録します。

推奨設定:
* 両方のファイルを C:\_DAT にコピーする。
* "More Application" での起動キーは Ctrl+F10 にする。
* BATTLOG という行を AUTOEXEC.BAT に追加する。

BATTLOG.COM のコマンドオプション:
/R = Remove BattLog(常駐解除)
/? = Help screen(ヘルプ画面).

これで、使用準備が整いました。
------------------------------------
以上引用終了。

上記のように書いてありますので、これをヒントに、
再点検をすればBattlogは記録されると思います。


2009年4月13日 (月)

ケーキ

090413

祝いのケーキ

2009年4月12日 (日)

禁煙中

Tabaco

12月から禁煙中。
  4ヶ月経過。
     5ヶ月目に突入です。
        ...
          頑張ろう。

  べつに苦しくはない...
     ...べつに

  なんとなく、唇がさみしいかな...

2009年4月11日 (土)

桃の花とワインとフルート

M01
山梨県勝沼までやってきました。
いい天気です。暖かい。気持ちいいです。
桃の花と雪の残る八ヶ岳です。 (釈迦堂パーキングエリアの上より)

M02kura
ルバイヤート・ワイナリーの建物です。
古い日本の蔵です。趣がありますね。

M03sibori
ぶどうを搾るための機会です。昔のものです。今は使わないようです。

M04panf
ルバイヤート・ワイナリー・コンサート のチラシです。
通称 蔵コン。
ワインの蔵の中でコンサートを開きます。
今年は、フルートの萩原貴子さん。
ピアノ伴奏でフルートを堪能しました。


2009年4月 5日 (日)

熱感知器、煙感知器

M05_kanti
熱感知器は台所 コンロの前の天井につけます。


M06netu
煙感知器は、法令では2階建ての場合
階段室、2階の居室 ということに鳴っていますが、
我が家は、1階居間の天井に付けることにしました。

天井下地が探せれば簡単ですね。(ビス2本で固定します)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

フォト
2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

無料ブログはココログ