« 1000M v3長岡流 組立て | トップページ | 1000M v3長岡流 調整 »

2008年9月15日 (月)

1000M v3長岡流 塗装

以前から気になっていたのですが、1000Mの背面のパーティクルボードが
最近ポロポロ取れていくのです。 なんせ25年前の製品ですから...

これ以上取れないように背面を塗装しました。ついでにバスレフの板も
塗装しました。

グラスウールは最終的に上部に1枚、下部ウーファー部に1枚。
上下の仕切りに1枚の3枚になりました。

R00104601


出来上がりの状態です。右横のバスレフダクト  わかりますか。
R00105302


バスレフ部分も同じ色にして見た目が落ち着きました。

   ↓これが塗装前の状態です。
背面を比較すると塗る前はボロボロ...塗ってよかったです。
Cimg57592

   ↓塗装後
R00105233

しばらくは聞き込みながら、ダクトの調整をしようと思います。
断面積を減らしたり、サーモウールをダクトに詰めたりして、最適値に
追い込みたいと思います。


« 1000M v3長岡流 組立て | トップページ | 1000M v3長岡流 調整 »

Speaker」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 1000M v3長岡流 組立て | トップページ | 1000M v3長岡流 調整 »

フォト
2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

無料ブログはココログ