« 1000Mバスレフ化v2 制作 | トップページ | 1000Mバスレフ化v2 調整2 »

2008年8月 3日 (日)

1000Mバスレフ化v2 調整

低域に締りがない。音階ははっきりしているが、ウッドベースの余韻が長い。
うーん もう少し締りが欲しいです。

ウーハーを外して見てみると、吸音材がほとんどありません。
密閉型のときに半分ほど抜いたのを思い出しました。
0091naibu

捨てないであったグラスウール。 この袋1つで両方のスピーカー分です。
009glass

厚み5cm、30cm角程度のグラスウール2枚を戻して計3枚にします。
元々入っていた量の85%程度になった感じです。
0092glass

 これで聴いて見ると・・・・ 低域の締りがでてきました。うまく行きました。
低音がはっきりしてり、中音の分解能が上がりオケの各楽器がよくわかります。
明るい感じで鳴るような気がします。 

 とりあえずこのまま聴きながら、気が向いたらダクトの断面調整などするかもしれません。

それが決まったら、裏面とダクトの塗装ですね。 さてさて、いつになるのか???

2008/08/24追記
  ・・グラスウールはスコーカー・ツィーターツウィーターのある上部に1枚
  下部ウーファー部には、結局2枚に落ち着きました。

« 1000Mバスレフ化v2 制作 | トップページ | 1000Mバスレフ化v2 調整2 »

Speaker」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 1000Mバスレフ化v2 制作 | トップページ | 1000Mバスレフ化v2 調整2 »

フォト
2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

無料ブログはココログ