« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月28日 (水)

LXの首がきつい

「LXの首がきつい」と相談がありましたので、分解のまま放置してあるLXで
確認してみました。

まずは確認です。 LX右側部分の分解状態です。
真ん中メッキ品が芯棒になります。実際には芯棒は上蓋右側の穴にスプリングに巻かれて入っていますので簡単には出せません。 キーボード側には芯棒の細い部分が刺さる状態で取り付いています。
写真の銅色のものはディスプレイ用のフレキです。芯棒とは離れています。
Lx001


よって下の写真の右側の芯棒に外から液体グリースのようなものを塗布しても、電気的にショートするような可能性は低いです。 キャップを外し、この芯棒を狙って何か吹き付けるのは効果があると思います。
Lx002


私は、きつくても気にしないで使っているもので、以下のように気が付くとヒビが入っていることが何度もあります。
こうなるとプラリペアで補修するしかありません。 (きれいにはできません...泣き)   こうなるまえに開閉できついと思ったら、早めの対策が大事だと思います。 首の芯棒に横からオイル系のものを塗布して内部バネの外側にしみこむと効果がありそうです。
Lx003

 この液体のグリース?のテストはしていません。分解したものを見て、想像で可能性を書いただけです。実行するときには、自己責任でおこなってください。 

私は、きつくなっても気にしない。>割れたらプラリペアで補修する >汚く仕上がったらLXを塗ってしまう。>さらにバネを取ってしまう。 といういい加減な人間ですので、ほんとに自己責任でお願いします。

久しぶりのLXネタでした...いろいろ手入れをして大事に使わなければいけないのでしょうが、なんせ面倒なのと老眼なのでやる気がおきません。困ったもんだ。

2008年5月22日 (木)

トマトとピーマン

5月6日に植えたのに、載せるの忘れていた。
奥のほうに、ピーマンとトマト。
001_0506

5月22日の状態
002_0522


003_0522pi


2008年5月14日 (水)

電気釜 巻き取りコード

電気釜のスイッチが入らなくなりました。
どうも通電しなくなったようです。
96年製と書いてありますので、もう12年も使っています。

巻き取りコードですのでこの辺を疑ってみます。
01kama

開けてみるとコンデンサがついています。
02kama

さらに開けると、巻き取りコードは+-とも円盤状のトラックの上を滑る
仕組みのようです。 (コンデンサはこのスライド部分のノイズ防止ですね。)
ここの接点の不接触を疑いました。
03kama

接点のバネをきつくしてみましたが、どうも違うようです。
04kama

結局、コードの断線ということがわかりました。
100均でコードを買ってきて交換しました。
このコードはリール状のものに巻き取りさせるコードとは材質が違います。
よって今後はコードの出し入れはしないことにして、コンセントとの抜き差し
だけをおこなうように、家族間で取り決めました。

2008年5月 3日 (土)

多面体のお話

 正多面体は、5つしかありません。プラトンという哲学者が見つけたそうで、プラトンの正多面体とか呼ばれます。
それとは別に、準正多面体というのもあります。正多面体が、すべて同じ正多角形でできているのに対して、これは複数の正多面体からなるんです。

正多面体の星型は、正多面体にトゲをぽこぽこ、っとつけたものです。いろいろあって面白いです☆

切頂○面体とは、文字通りその立体の頂点を切ったものです。これの星型は、ちょっとフクザツ(?)な形になります。

他にも、多面体にはいろいろあって面白いですよ   (≧∇≦) by ムスメ

_070823


2


3


4

                      ふ~~ん  v(^^)v 

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

フォト
2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

無料ブログはココログ