« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月27日 (水)

富士山その3

本日は晴天。
富士市から見た富士山です。裾野まで良く見えてさすが富士市という名前のことはありますね。きれいに見えます。
Sb0058b


2008年2月26日 (火)

半田ごて

愛用の半田ごてのコテ先が折れてしまいました。
思えば、配線のやり直しなどでコテ先を使ってからげた線をむりやりはがしたりしてましたので、壊れるのも当然だったかもしれません。 初心者は怖い...いまでもついやってしまうので反省がありません。

で、コテ先だけを買ってきました。黒いほうが、保護パイプに入った「先の無くなったコテ先」です。この保護パイプとコテ先が分解できなくて保護パイプも後で買うはめになりました。
Cimg4484c


下の画像 上:愛用の半田ごてHAKKO PRESTO No.984-01   20Wだがボタンを押すと130Wに能力UPできるのでトランス廻りもこれ一台でOK 便利です
中:保護パイプB2240(買い間違いだった 長い) 正解はB2564らしい \215 (ヒロセテクニカル(株)で購入)
下:コテ先 980-T-B ¥480 (本当は先のもっと細いBIがほしかったがBしか無かった。千石電商)

Cimg4495b

この長い保護パイプは先を切って長さを合わせて使っています。情けない...

2008年2月24日 (日)

床のキズ防止(イスの足)

 イスの足につけていた、キズ防止用のフェルトが7年目でついにすり減りました。 7年間持ったのですからすばらしいです。キタリアというブランドの製品です(北川工業(株))。 お勧めです。 7mmくらい座面が高くなります。
Fk28

こんな風になっていて、イスに打ち込んで使います。4個1セットで350円です。粘着フェルトと比べると値段は高いですが、7年間ズレを気にしないで使えましたから優秀ですね。
Fk_b

今回は同じ会社のフェルト(VOC対策硬質フェルト、床暖房対応)だけを買って、ボンドG17で貼ってみました。ズレないで止まっているといいけど、だめなら また埋め込みタイプを買うことにします。
Cimg4499b

さてどうなるか???


2008年2月23日 (土)

RICOH R8 欲しいぞ

 RICOHから コンデジ R8 が発表されました。 これ、良さそうです。 
       RICOH R8 のページ

GR DIGITAL II や GX100 のような黒いフォルムになりました。 (シルバー色もあるそうですが)
R801

上部シャッターボタン周りも高級感があります。
R8023

うーーん 欲しいなぁ。
 

2008年2月22日 (金)

Nikon D80 と Eos10QD とEX-P505

そろそろデジ一眼が欲しいな。と思い Nikon D80を借りてきました。
隣は銀塩カメラの Canon EOS10QD です。 フィルムが入っていますが、いつ入れたかも忘れています。

D80 ですが私には重いです。 銀塩EOSとあまり変わらないのですが、もう重いのを持ち歩く体力と気力が無くなったようです。 さすがに画質はいいです。何を撮ってきれいに写ります。デジ一眼 重くなければ最高ですね。
D80

こちらは現在使用中のデジカメ CASIO EX-P505です。 動画がMPEG4で長く撮れるので気に入っています。でもそろそろ買い換えたいと思っています。形が変形なので、首からかけていても安定が悪いのです。 (なんとなく新しいものを欲しがる..典型的なおっさんですな) この春はCASIOもついに28mmの広角を出してきましたね。
CASIO EX-Z200のページ
Exp505

2008年2月18日 (月)

PDF作成・結合・抽出

最近、JWファイルをその他のファイルといっしょにPDFにする場合が多い。
印刷の向き(縦横)を揃えるのと、他のファイルとの結合方法、ページ切り出し方法を
まとめておきます。

1.印刷の向き JWの横画面をそのまま横画面でPDFにするには

   まずプリンターにPrimoPDFを選ぶ。印刷の向きは縦のまま
   Primo02

   PrimoPDFでファイルの出力先を決める
   Pdf02

   JWの向きは90度回転
   Pdf01

2.縦のJW画面を横にPDF印刷するには

   図枠の表題を下にしてPDFファイルにするには
   JWの回転は-90度です (※ 90度にあらず)
   Pdf03

   PrimoPDF側の設定は 縦使いを横に変更
   Pdf04

   PDFファイルの完成 (横向きPDFができました)
   ちなみにPDF閲覧ソフトは PDF-XChenge Viewer です
   Pdf05

3.PDFファイルの連結
   JWは連続印刷をかけても、1ファイルのPDFにはなりません
   こんなときには PDF Knife で一まとめにします
   Pdf51

  左のタグも生成してくれます 
  Pdf52

4.PDFファイルからページの切り取り

  PDFKnifeは複数ページのPDFファイルより、必要部分を抜き出す
  Pdfkn01

以上がPDFファイルのまとめでした。これで大丈夫かな?忘れそうです。

2008年2月16日 (土)

jwwファイルがダブルクリックで開いた

 Jw_Cadが6.01になってからjwwファイルをダブルクリックしても開かなくなったと以前に書きましたが、やっと開くようになりました。 
 
 (1) Pen4マシン,win2000 ×⇒○関連付けをやり変えたら直った
 (2) penDマシン、XP    ×
 (3) Cereron ,XP      ×

 (2) (3) のマシンはこれまで開きませんでした。 XPだから???

 JWWファイルのopen時のコマンドを C:\jww\jw_win.exe "%1" と書き換えたら直りました。 以下記録です

ホルダーを開き、ツールから フォルダ オプション ⇒ ファイルの種類を選ぶ  
拡張子 JWW を選んで、削除ボタンが押せないので、詳細の元に戻すを押す。
(このjwwの説明からおかしいですね)
Er02

もどったので、ここで削除ボタンを押して一旦消します。
Ererr03_2

上記の画面で新規ボタンを押して再設定します。
新しい拡張子 にJWW
Ererrb01

アイコンの設定をおこない、アクションにopen
アクションを実行する...に参照を押して C:\jww\jw_win.exe を選ぶ
ここから手動で exe の後に "%1"を追加記入する 
Ererr04

これで(2) (3) のどちらのマシンもファイルのダブルクリックでopenできるようになりました。

ただ、以下のように2つ出てくるのが困った。(使わないけど)
上が最新、下は以前のもの。下を選ぶと開かない...どう消すのだろう??
Ererrb022

まずは、解決です。

2008年2月11日 (月)

Google SketchUp 6

何かと話題の Google SketchUp 6 ですがやっとダウンロードできました。

Sketchup

実は何度やっても、Google SketchUpのダウンロードページが表示されなかったのです困っていましたが、表示されない場合は、[エンコード]を Unicodeなんたら(↓以下のよう)にする。 というのでやっと表示されました。
Sketc2

さて、これから練習練習。。。。

 

2008年2月10日 (日)

基礎換気口の寒さ対策

Ka01
↑ヘーベルハウスの基礎の換気口です。(地区によって仕様は違うようです)
基礎内部だけでなく、上部にもパンチングの板があり通気が取られています。
外壁と室内壁の間も空気が流れるようになっており、内部の結露対策のようです。 

建物の換気にはいいけど、部屋が寒くなる原因のひとつです。
外壁に面した室内コンセントをはずしたときに、中から冷たい風が
出てくるので、この基礎の換気口を塞ぐことにしました。

先週は雪が降ったし。今年は寒いです。 ↓2008/02/03の様子。
ヘーベルハウスでも寒いときはやっぱり寒いです。
Yuki

 建築基準法によれば、床下の湿気防止、通気確保のための基礎の換気口です。新築1年目なら内部乾燥のためにふさがない方が良いかもしれないが、冬を1回過ごした家は十分乾燥したはずなので、換気口をふさいでも悪影響は無いと考えて、寒さ対策にふさぐことにしました。

DIY店で 910*455*50mmの発砲スチロールを買ってきました。 650円なり。
30mm厚のスタイロフォームもあったが、スタイロは、厚みが30mmで薄い、色が水色、値段も高い
ということで発砲スチロール50mm厚にしました。

サイズは285*115のブロックで切り出します。
斜めにならないように鋸で切りましたが、静電気を帯びた粉が大量に出て
くっつきます。後始末が大変でした。 カッターナイフの方が良かったかも。
Ka02

斜め部分はカッターで切りました。
Ka03

こんな形ではめこみます。
Ka041

うまく納まりました。結構きつめに入れたつもりなので、外れないと思います。
Ka042

上部の換気の穴もふさがっていますので、計画通りの出来です。
Ka05

 やってみて50mm厚の発砲スチロールで正解かも。 30mm厚だと倒れの心配あり。

 この910*455*50の板から 11ブロック切り出して換気口を埋めました。

1日経過。 昨夜はなんとなく暖かかったような...気のせい、気のせい。
コンセントを開けたときの、風量が弱くなったような...これも気のせい?

よくわからんが、良しとしましょう。(-。-)y-゚゚゚

2008年2月 9日 (土)

インターホンのマイク修理

 先週はドアホンスピーカーの故障を書きましたが、
2年前にはインターホンのマイクが壊れました。その記録です。

↓2008年メーカー現行品。 新築当時2000年と変わっていないようです。
Inter01

右下の副親機(室内子機のこと)の声が、他で聞こえなくなりました。

試しに、受話器(持つところだけ)を親と子と交換すると逆の現象になります。
ということは、機器の回路はOKで、受話器のマイクに問題ありかな?と判断。

I01
子機をばらすと ↑10mm径の円筒のマイクがありました。

秋葉原の千石電商にマイクを探しにいきました。
I020

2123のマイクをゲット。 60円+税です。 当時(2年前は安かった)
I021

今回千石のネットで調べたら、税込み105円に値上がりしていました。
I022_2

マイクを取り替えたところです。 右端が故障した部品。
I04

これで直りました。2年経過後の現在も正常です。
部品単位で直せると嬉しいです。

同時期に建てた隣のインターホンはなんともない。
我が家のインターホンは外れだったのでしょうか。
(7年で2回の故障です)

今度新品に替えるときは、ハンズフリーのインターホンがいいですね。
Vlsw250
↑ナショナルの例


2008年2月 2日 (土)

ドアホンの修理

 インターホンの外部ドアホンが聞こえなくなった。

ドアホンイメージ↓(松下電工カタログより)
Epoleetc03

外部のドアホンを押すと、外部でピンポンと鳴らない。
ドアホンの声は室内でも聞こえるし映像も映る。
でも室内の声が、ドアホンに聞こえない。

 ということは、ドアホンのマイク、カメラは正常。
ドアホンのスピーカーが不良??
余っていたスピーカー(右)を仮につないで試すと、正常に聞こえる。
Do01

どうやらドアホンスピーカーが壊れたようです。
このスピーカーを交換するには秋葉原に行かないと無いでしょうね。

Do02
急場のしのぎで、室内子機のスピーカーと交換することにします。

Do03
親機と接続テスト OKです。
とりあえず外部と親機が正常につながるようになりました。

使えなくなった子機のスピーカーは
58mm径、 インピーダンス20Ω、0.2Wのスピーカーをネットで探します。↓
Sp2

秋葉原の千石電商にありました。↑
サイズは同じ。でもインピーダンスが違いますが大丈夫でしょう。
そのうち買いにいきます。
税込み305円。交通費320円。 交通費のほうが高いですね。(^^ゞ

 2008/02/17 ドアホン用スピーカーを千石で買ってきました。
左が今回購入品 8Ωです。  右がドアホンについていた20ΩのSPです。
 Cimg4476

表は、日に当たるからでしょうか、色が抜けています。
Cimg4471

2階子機に新品を取り付けて無事直りました。
インピーダンスの違いは音量音質に現れるほどでは無かったです。

2008年2月 1日 (金)

JW 6.01の設定

jwが6.01になり、6.00から使えるというユーザーバーを仕込んでみた。

以下、サンプルに入っているユーザーメニュー
Jw_user

使わないかなと思っていたが、覚えきれないクロックメニューを表示させると便利、便利。 早速以下のように仕込んでみた。
1

ついでにこれまで適当に使っていたTeraPadエディターの設定も変えてみた。
100行表示、行番号表示、拡張子JWFも表示 などなど 使い勝手がよくなった。メモ帳より100倍いいぞ。
Tera

ふー、やっとオートモードで立ち上がるようになったし
(jw_win.jwfでオートモードメニューの部分の設定を忘れていた...のが原因)
またまた便利になりました。ご機嫌です。

自分好みになるソフトっていいですね。 Vzもそうなので使っているのだな>自分
JWWの作者に感謝です。

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

フォト
2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

無料ブログはココログ