« 6BM8 3結 その2 図面(仮) | トップページ | 6BM8 その4 アース配置 »

2007年9月23日 (日)

6BM8 3結 その3 仮配置

足りない部品を買ってきて、再度確認です。
飼物は1回で済んだ試しはありません。不足は出るし
作っていると変更になったり、その都度、またお買い物...疲れます。
Cimg3844

 

ほぼ、最終的に決まった配置です。
今回は、板(ボード)の上で作ってみます。本番のアルミシャーシに穴を空ける前に
この板の上で作って鳴らしてみて、トランスの配置などを確認します。
今回はむき出しのトランスのため、場合によってはノイズが出る可能性があります。
その場合でも、板の上なら配置を変えてノイズの少ないレイアウトを検討できます。
アルミや鉄のシャーシでは一度穴を開けると、そうはいきません。
というわけで、今回はブレッド・ボード式(木板の舟盛状態)から開始します。
Cimg3845

 

ブレッド・ボード式の注意点として、ベースが木ですので導通しません。
よってアースをきちんと取ること。アルミシャーシより面倒です。
また、真空管ソケットは通常は下から見た絵になっていますが、ブレッド・ボードでは上面から
見た絵にして図面を書くようになります。
Cimg3849

 

 

 

« 6BM8 3結 その2 図面(仮) | トップページ | 6BM8 その4 アース配置 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 6BM8 3結 その2 図面(仮) | トップページ | 6BM8 その4 アース配置 »

フォト
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

リンク

無料ブログはココログ