« 中秋の名月 | トップページ | 真空管アンプ6BM8 その6 »

2007年9月28日 (金)

真空管アンプ6BM8 その5

リアの部分の部品の配置です。
左より、ヒューズソケット、ACソケット、SP出力端子、LINE入力端子。
001

 

ダイオードの取り付けから始めます。始まりはいつもドキドキします。
002

 

B電源周りが終わりました。 セメントの抵抗は後で取り替えられるように、あまり絡めてありません。 実電圧を測って最初のコンデンサ部分で230Vを狙っていますが、10V以上違っていた場合はセメント抵抗は交換します。
003

 

今回初めてLR分離後に、もう一段リプルフィルタを組んでみました。 写真の47μ/250 と150Ωの組み合わせです。よい効果が現れるといいのですが....
004

 

 

« 中秋の名月 | トップページ | 真空管アンプ6BM8 その6 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中秋の名月 | トップページ | 真空管アンプ6BM8 その6 »

フォト
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

リンク

無料ブログはココログ