« LXのハードリセット | トップページ | ひさしぶりのJW »

2007年6月20日 (水)

パソコンスピーカー

マッス君のリクエストで、パソコン用スピーカーを紹介します。
 (1) 既成のプラスチックの安物スピーカーの形が気に入らない
 (2) アンプ内臓型だったので、音が大きすぎ。微妙なボリューム調整ができない。
以上の理由で、自分で作ることにしました。(単に既製品がいやなだけ)

スピーカーはFOSTEX FE83E という 8㎝コーン型フルレンジスピーカーです。
 (秋葉原 コイズミ無線のHPを見たら 約\2600/本で売られています)
明るく、メリハリのある音を再生するという評判のスピーカーです。
S0001

サイズは W110 D114 H250mm。下部にダクトのあるバスレフタイプの箱を 9mmベニヤで作りました。足も製作予定でしたが、めんどうなのでやめました。
Fe83sp

S0002


S0003

裏蓋を開けるとベニヤだというのがわかります。普段はシナベニヤを使うのですが、今回はベニヤを使いました。塗装してしまえばあまり変わりません。内部には吸音のため、向かい合う片面にだけ薄くフェルトを貼り付けました。
S0004

これがFE83Eです。FE83の型番で古くから発売していましたが最新型はEの型番が付いています。スピーカーの箱への取り付けには4mmボルトを使います。裏側は写真のように鬼目ナットを使っています。
S0005

この箱はボリュームです。ちょうど良い箱が無かったので紙箱で代用しています。最初は既製品のSPのアンプ部をばらして使いましたが、小ボリュームの微妙な調整ができないので、アンプは無しにして直結に変えました。
S0006

内部です。20KΩ 2連 Bタイプのボリュームとラグ版だけです。細い線はパソコンへのステレオミニジャックです。既製品SPから調達です。太い線はスピーカーに行きます。
 このボリュームは抵抗∞を6時の位置とすると、右回りで2時の位置でかすかに音が聞こえ始め、5時で最大になります。 10KΩA型のほうが良いかもしれませんが試していません。 なお、アンプを通さないとインピーダンスが違うとご指摘があるかもしれませんが、私の耳にはわかりません。 
S0007

音はなかなか高域がさわやかです。ベースも十分出ます。品のいい音です。SPのそばで聴くニアフィールドスピーカーとして十分満足できるものができました。これだから自作はやめられません。
S0008


« LXのハードリセット | トップページ | ひさしぶりのJW »

Speaker」カテゴリの記事

コメント

@@う~~ん。
すごいですね!
電気関係に弱い私には
チンプンカンプンでございます^^;

製作時間はどれくらいですか?

箱で切断1時間、組み立て2時間、
一晩置いて、塗装に1時間×3回です
電気関係って+と-を間違わなければ
簡単です。切るのが苦手なら東急ハンズで
切ってもらう手もあります

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« LXのハードリセット | トップページ | ひさしぶりのJW »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

リンク

無料ブログはココログ