« 九州 | トップページ | NS-1000M SP端子 ターミナル交換 »

2007年6月 8日 (金)

NS-1000M ネットワーク

ネットワークを裏からはずしました。
Cimg1816

大型コンデンサーの渡り配線が細いです。緑青の青いのが見えます。
Cimg1817

これより端子の状態の記録です。 端子A
Cimg1838

端子B
Cimg1839

端子C
Cimg1840

ネットワークは上下2段の構成になっています。上部のコンデンサー群をはずすと、下部はコイルが見えてきます。
Cimg1841

上部拡大
Cimg1847

その裏です
Cimg1869

これで配線がわかったので記録します。
Jiti_01

ネットワーク周りの図面です。 コイルの容量はカタログデータとFOSTEXのネットワーク表から推測できますが微妙に違うようです。今回は取り替えないので不問にします。
Jiti_02

« 九州 | トップページ | NS-1000M SP端子 ターミナル交換 »

Speaker」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 九州 | トップページ | NS-1000M SP端子 ターミナル交換 »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

リンク

無料ブログはココログ