« Windowsの中のVz | トップページ | NS-1000M SPの清掃 »

2007年6月 3日 (日)

NS1000Mリファインで復活

 ↓右側の黒いスピーカーは、25年以上前の 1980年頃?購入した
YAMAHA NS-1000M スピーカーです。 左の自作SPがメインのSPでしたが、
NS-1000Mをリファインしたところ、再度メインスピーカーに返り咲きました。
そのリファイン記録です。 

リファイン前
Ns10001


スコーカー(真ん中のSP)の網をはずしたところ。
ウーファーはすごくほこりのかぶった写真があるのですが、余りにもすごいので、このスコーカーの写真にしました。
Ns10021

ネットワーク はずしたところです。さてどうしましょうか?
Cimg1815

スピーカー端子 改良前。 昔はえらい簡単な端子です。バネの力で挟むだけでした。
Ns1005

箱の中のはらわたを出したところ。
Ns10006

できあがったNS-1000Mです。
Ns10009

 ではでは、後ほど、詳細を書きます。

« Windowsの中のVz | トップページ | NS-1000M SPの清掃 »

Speaker」カテゴリの記事

コメント

懐かしいですね、NS-1000M。
わたしは当時よく聴いていたジャンルに合うかと思って、S955-IIIを買ったのですが、今となってはNS-1000Mの方がよかったかも、なんて思う今日このごろです。自作のバスレフもありますが、結局市販のSPの方が音がよくて…

 めざらさん どもども
まだまだ続きがありますので、あきれないでお付き合いください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Windowsの中のVz | トップページ | NS-1000M SPの清掃 »

フォト
2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

無料ブログはココログ