« ランチタイム | トップページ | ロングファイルネームのVz »

2007年5月23日 (水)

Dosから電子辞書を引くまとめ

忘れないように HP200LXでVzを使った電子辞書をまとめておきます。
まず 材料です
・辞書 EPWING形式の辞書 (なんでもOKのはずです)
    私は富士通のパソコンについていた「スーパー統合辞書2000」を利用します
    CDR1枚に広辞苑、新英和和英中辞典、漢字源、現代用語の基礎知識の
    4つが入っているものを使います。 

・ソフト Dic.exe ver023  EPWIN形式の辞書をDOSのコマンドラインから読みます
     ベクター  

・ソフト WinEBZip CD-ROM 書籍を ebzip 形式で圧縮したり、反対に圧縮した
    書籍を伸長したりすることのできるソフトウェアです。
    EPWING規約が新しいバージョンになると HONMONでなくHONMON2という
    圧縮された形式なので、このままではDOSでよめるソフトはありません。
    DIC.EXEで読めるように圧縮形式を、伸縮するために使います。
    winEBZip   使い方
    なお使い方にも書いてありますが 「NET Framework ランタイムライブラリ日本語版」
    (Microsoft Update でインストールできます) と「EB ライブラリ」のインストールも
    必要です。

圧縮の解けたEPWIN形式のファイルの中の外字や画像は使いません。
DOSのコマンドラインで dic.exe と辞書のディレクトリを指定して引くには
例:  C:\DIC\DIC.EXE -f C:\EPWIN\kojien かんじ
と打って結果が表示されればOKです。

・ソフト EPWUTIL CD-ROM辞書の構成ファイルを一部改変するMS-DOS/UNIX用の
     ユーティリティーの集まり。 SQUEEZE.EXE を使って DIC.exeでも読める圧縮
     形式にします。
     EPWINUTIL

以上が利用するソフトです。 各作者に感謝します。

« ランチタイム | トップページ | ロングファイルネームのVz »

LX & Vz」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ランチタイム | トップページ | ロングファイルネームのVz »

フォト
2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

無料ブログはココログ