トップページ | 2007年4月 »

2007年3月20日 (火)

200LXでファイラー容量チェック

忘れていました。大容量フラッシュを使うと、ファイラーでディレクトリを移動するたびに容量チェックに時間がかかり、かなり待たされます。容量チェックをしないように TRAP36.COMを常駐させます。
--------- Autoexec.bat ----------- 
省略
EXKEY -t+ -fa:\exkey.ini -b200
Battlog
rem ----- 大容量フラッシュ 容量0 電源ON後のファイラー
TRAP36.COM
a:\vz\VWX -z2 -l4096 -x1 -v3
cd \wt
VZ -Z
vz
--------------------------------
Trap36
ファイラーが開く前にTrap36.comを起動させると、ファイラーの容量表示は常にCドライブの容量になります。

もし、ほんとに容量を知りたいのなら一時解除はShift+0キーでできます。
Trap362
Sandisk 128MBのコンパクトフラッシュのときは、TRAP36を入れてもファイルの保存に時間がかかりましたが、Lexar SD 512MBは快適に使えています。

2007年3月19日 (月)

200LXで大容量フラッシュを使う

Sd_5122
デジカメで使わなくなった 512MBのSDカードをLXで使うことにします。
SDカードを使うことで、パソコンへは写真のSDカードリーダー経由でUSBが使えます。
母艦との連携やファイルの持ち歩きに便利になる・・・と思って早速実行です。


ただ、そのままでは512MBの容量は認識しません。 (200LXにはフラッシュの容量限界があります。いくつだったかわかりませんが、48MBは認識、 128MBは普通には認識しませんでした)

こんなときは 文市(あやち)さんのHPがすごく役に立ちます。

その中の hp200LX 2004! です。
文市さんのHPはLXのまとめサイトとしては超一級です。感謝してます。

調べると、大容量diskも FDISK100 をおこなえば、FORMAT A: が通じるとあります。

200LX上で、512MBのSDを挿して 
   D:\> FDISK100 とコマンドを打ち (Y/N)に Y と答えると、
   Creating ・・・ の文字が出たら、このSDはFORMATできます。
   次に D:\> FORMAT A: と打つと、1%  2% とformatされます。

Format_1
     ↑フォーマット中

完了すると下の写真のように489.48M Format Complete. ヽ(^o^)丿 見にくいですね。
Format_3


2007年3月18日 (日)

メモリーカード2

Sd3

200LX用に512MBのSDを使っています。100LXで使えないのが残念です。
SDはSD、ミニSD、マイクロSDと親、子、孫のようなバラエティの多さですね。

この2GBのミニSDが 2500円でした。サイズと価格の進歩がすごいです。
約\50,000 / 10MB 1995年PCカード
  \2,500 /2000MB 2007年ミニSD  価格で1/20 容量で200倍

あぁ 計算できません。 (@_@) 


2007年3月17日 (土)

メモリーカード1

Flash

LX用のカード群です。以前から使っていたPCカードを整理して見ました。
左から古い順に並べています。
もっと前に使っていたSanDisk製10MBが見当たりません。
(100LXはSanDisk製しか認識しませんでした)

1995年頃は10MBのフラッシュメモリーカードが10万円??? (不確かです)
の時代です。今考えると信じられないほど高かったです。

2007/05/20追記・・・ 1997年発行のLXの本によると10MBで 32800円と書いてありました。

2007年3月16日 (金)

オートモード2

070315jw2_1

 ちょっと映りが悪いですね。
こんなファイルをJWで作っています。このJWファイルを開いて、この中で書いてあることと同じようにやってみて覚えよう ・・ という目的で創りました。

このファイルはワークス片桐さん作のJWS形式のものをJWW形式に直し、ドリル形式に作り直したものです。(ワークス片桐さんに感謝です)。全部掲載するには承諾が必要ですので、許可をもらってきます。

2007年3月15日 (木)

JWオートモードって

ここで各モードのおさらいを ・・・・ 偉大な先輩方の語録から自分なりの解釈です。

JWのオートモードとは
 線を引く・線を複写する・線を消去する・矩形を書く・円弧を書く・線を伸ばす/縮める の機能を持った1つのマルチコマンドです。

では、クロックメニューとは。
 時計の方向にコマンドを配した、JWW独自のコマンドメニューです。

と言うように オートモードとクロックメニューを同列に考えると、ややこしくなりますので分けて考えます。そして、最初はよく使うクロックメニューだけ覚えるようにします。

さらに、サブクロックメニューがありますが、これは各コマンドに入った後のサブメニューのクロック版です。(@_@)(わかりずらいですね)  サブクロックメニューは各コマンド毎に違いますが、オートモード派もクロック派もコマンド派も、覚えると超便利な機能です。

・・・・という事でわかりましたでしょうか。
わたしはこれを聞いてオートモードを覚える気になりました。
         ---続く

2007年3月12日 (月)

HP100LX 2号機

HP100LXです。 200LXと比較したときの違いは・・・・ボディの色が黒です。キー表示のアルファベットのフォントが違います。100はただのゴシックなら200は斜体になっています。液晶は100のほうが見やすいと思います。

100lx2

2007年3月11日 (日)

クロックメニュー

 私の使っているクロックメニューです。

Auto_clo

基本はオートモードでJwを使っていますので、クロックメニューはオートモードのコマンド以外のコマンドを使いやすい(...と自分で思っている)位置に配置してあります。気に入っているのは、右AM7時のコピー、移動です。範囲指定して右AM7時のクロックで、すぐに確定になります。

以下はこのクロックメニューのJWFファイルへの記述です。Clock_jw

jwwファイル→「070310CLOCK_TAM.jww」をダウンロード

2007年3月10日 (土)

Jw_cad 黒バック

黒バックにしました。普段は黒バックで使っています。

Jw_black

Dos版の時はブルーブラックの画面でした。Jwwになってから白バックでしばらく使いましたが、どうも目が疲れてしまっていけません。やっぱり黒バックに戻ってしまいました。

まぁ 慣れればどちらでもよいのでしょうが。。。。。

2007年3月 9日 (金)

Jw_cad

Jw_cad windows版です。

Jw_white

JW_cad 使ってます。 ありがたく使わせてもらっています。 Jw_cad はフリーのCADソフトですが、その機能は建築CADとして私には充分すぎます。書きやすい。コマンドを覚えると楽しい。そう、早く書ける気になって楽しくなります。

自分でカスタマイズができて、自分好みのCADになる。ってのは。。。なんとも良いですね。

2007年3月 8日 (木)

現在 使用中の3号機

現在 使用中の3号機  100/200LXです。

Lx20001

上部は100LX、下部は200LX、中身も200LX、128MBのコンパクトフラッシュを入れてます。

右側のヒンジは首折れの経験有。補修が下手で曲がって着いています。

画面はJw_cadの断面図をJWVC(砂金隊長作)で表示してます。

2007年3月 7日 (水)

HP200LX

070227_lx

今でも毎日使っているHP200LX & 100LX

5台と半分が3つ 合わせて6.5台。 でもまともに動くのは3台分でしょうか... 中身を入れ替えながら、あとどれだけ使えるのか... シスマネは使わず、DosマシーンとしてVz Editor専用機になっています。

2007年3月 6日 (火)

バッテリーセル交換

Let's Note のバッテリーセル交換

S0702261

4年以上経過しているマシンです。バッテリー駆動で1時間程度しか持たなくなりましたので、バッテリーの交換を計画しました。

S0702262

電池ケース品番 CF-VZSU24 7.4V 4.4Ahと記載。panasonic製純正ケースは18900円、現在(07年3月) キャンペーン価格で10000円。さらにネットで探すと、バッテリーセルの中身の交換をするサービスが7890円。新品のパック(純正品にあらず)が8750円。なんてのもありました。

S0702263old

カッターでケースを開けるとセルが4本入っていおり、型番はLGR18650U。それぞれの端部には結線用の端子が圧着されている。2本並列接続のものを2セット直列に組み合わせてある。ROWA JAPANのサイトより、セルだけの販売もしており4本2400円。
 この1本は2.2Ah 3.6V。2本並列で4.4Ah これが直列にセットされ7.2Vとなる。電圧が少ないが、これまでよりは良くなるのでOKとし、だめ元でこれを注文することに。

S0702264

購入したセルです。CGR8650C。作業は圧着してある端子プレートを剥ぎ取り新しいセルにハンダ付けをすることにします。ハンダをなるべく薄く、乗せやすくするために表面に軽く傷を入れ、端子に切り込みを入れました。(最初から端子のついているセルもあるようです。そちらを使ったほうが10倍早く作業ができ安全です。)

S0702265

ケースに入れてみると、やっぱり膨らみました (^^ゞ

S0702266

 (^^ゞ 内部に両面テープを張りなおしたら、膨らみは無くなったので、ケースを仮にふたをした状態で、配線を長くして充電テスト開始。(実際はケースの蓋をかぶせて、可燃物の無い場所でテストしています。発火した場合の本体への被害防止のため)

S0702267

10分経過。触ると熱い!!やばい。ばらしたら煙が出た。(@_@) よく見ると中間端子からの線が-側とショートしてます(白線がショートにより、むけているのがわかります。-側端子を上げすぎてハンダ付けしたためにケースに押されてショートした様子。)危ないなぁ...

S0702268

端子を下げて再ハンダ付け。

S0702269

絶縁を確実にし、念には念を入れ確認して...
再度、充電テスト。熱がでない、充電できることを確認。

S072691

瞬間接着剤でケースを接着する。合わせ目が汚いです。

S07022692

完成。ばらしたときの傷と、マスキングテープをはがしたときにケースの塗装が取れた跡が痛々しいです。見えない部分だしそのままで良しとします。

  • バッテリーの駆動テスト

Bbench(フリーソフト)により電池駆動のテストをする。省電力機能をオフにして放置。3時間は持たないが、2時間20分持つようになった。 けっこう危ない作業だと思いますし、パックを買ったほうが安全でよいかもしれません。でも私は満足です。


※※ 警告ですが、真似する人は自己責任でお願いします。 ※※

     

2007年3月 5日 (月)

ブリーベリー

07年2月15日。5年間放置していたブリーベリーを土の入れ替え、整整をおこないました。
すっきり、気持ち良いです。
070215blueberry

同じく2月15日。さやえんどうの苗を植えました。
070215endo

3月4日のえんどうの状態です。
070304endo


2007年3月 4日 (日)

Let's note CF-R1

マイノーパーです0702261 。Let's note Pro CF-R1RCXS 。

2002年製です、 メモリー256MB XPで使っているのでスワップしまくり。

トップページ | 2007年4月 »

フォト
2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

無料ブログはココログ