« 200LXで大容量フラッシュを使う | トップページ | 200LXに電子辞書 »

2007年3月20日 (火)

200LXでファイラー容量チェック

忘れていました。大容量フラッシュを使うと、ファイラーでディレクトリを移動するたびに容量チェックに時間がかかり、かなり待たされます。容量チェックをしないように TRAP36.COMを常駐させます。
--------- Autoexec.bat ----------- 
省略
EXKEY -t+ -fa:\exkey.ini -b200
Battlog
rem ----- 大容量フラッシュ 容量0 電源ON後のファイラー
TRAP36.COM
a:\vz\VWX -z2 -l4096 -x1 -v3
cd \wt
VZ -Z
vz
--------------------------------
Trap36
ファイラーが開く前にTrap36.comを起動させると、ファイラーの容量表示は常にCドライブの容量になります。

もし、ほんとに容量を知りたいのなら一時解除はShift+0キーでできます。
Trap362
Sandisk 128MBのコンパクトフラッシュのときは、TRAP36を入れてもファイルの保存に時間がかかりましたが、Lexar SD 512MBは快適に使えています。

« 200LXで大容量フラッシュを使う | トップページ | 200LXに電子辞書 »

LX & Vz」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 200LXで大容量フラッシュを使う | トップページ | 200LXに電子辞書 »

フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

リンク

無料ブログはココログ