2022年7月 2日 (土)

魚を獲らないカワセミ

今日も暑い...

でもカワセミ見たさに近所の公園にやってきました。

 

0702_1dsc_8404

池の手前の小川がお好きなようで、その淵に座っています。

 

0702_1dsc_8423

この小川には小魚は少ないのですが、なぜかお気に入りの様子。

 

0702_1dsc_8435

小魚 やっとゲット。

 

0702_1dsc_8438

飲み込んだ。

 

0702_1dsc_8440

出発

 

0702_1dsc_8441

しかし、狩りを忘れたカワセミです。なかなか飛び込ません。

お魚捕りません。おなか空かないのかな?

なので、シャッターチャンスが極端に少ない。


続いてカワラヒワ  。。。この枝に止るとは。。。珍しい。

0702_1dsc_8452

 

 

0702_1dsc_8462

 

0702_1dsc_8469

 

0702_1dsc_8351

トンボも偶にはいいですね

 

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + TC-14E II

2022年6月29日 (水)

若ちゃん 再登場

蔵出しです

 

1dsc_8261

 

1dsc_8265

風が強い

 

1dsc_8266

風ではなく、ブルブルです

 

1dsc_8319

 

1dsc_8329

 

 

1dsc_8330

ドアップにしてみました。

 

 

2022年6月21日 (火)

新たな住人 その他

6/19日曜日撮影のその他分です

 

 

0619_2dsc_7513

 

0619_2dsc_7514

 

0619_2dsc_7641

 

0619_2dsc_7643

 

 

0619_2dsc_7701

アジサイに群がる蜂を撮ってみましたが、なかなか焦点が定まらず。

 

0619_2dsc_7708

アジサイもドアップにすると不思議な模様のように見えて不思議な感覚になります。

 

0619_2dsc_7802

小魚をゲットして横っ飛びするカワセミ4態

 

0619_2dsc_7803

 

0619_2dsc_7805

 

0619_2dsc_7806

 

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + TC-14E II

2022年6月20日 (月)

新たな住人2

昨日の続きです。

 

 

0619_1dsc_7526

飛び出すところが撮れました。私としては珍しいことです。

 

0619_1dsc_7527

 

0619_1dsc_7528

この後は草むらで見えなくなりました。

 

0619_1dsc_7541

戻りの最後だけ撮れました。

 

0619_1dsc_7545

エビ ゲット!!

 

0619_1dsc_7550

自慢げな顔

 

0619_1dsc_7667

すごくそばに来た1ショット。

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + TC-14E II

 

 

 

2022年6月19日 (日)

新たな住人

一週間ぶりに近くの池に来ました。 昨日あたりまで、この池の主の争いが起こっていたようです。

オスの若が二羽いましたが、活発なほうが負けたようで、おとなしいほうがこの池の新たな主になったようです。

と、毎日来ている常連さんのお話でした。

 

0619_1dsc_7668

新たなカワセミの住人です。

 

 

飛び立つところを

0619_1dsc_7789

 

 

0619_1dsc_7790

 

 

0619_1dsc_7791

いざ出発。。。

 

 

 

0619_1dsc_7844

きれいにまるっと。

 

 

0619_1dsc_7910

久しぶりに撮れた水中からの飛び出しですが、残念ながらややぼけでした。

 

0619_1dsc_7911

 

 

0619_1dsc_7912

なかなかうまくは撮れません。  だから楽しい...と、強がりを言ってみる。

この若も、これから大きく育っていくのでしょう。 でも今後の、権力争い、入れ替えは...あるかも。

で、これまでいたメスの親は何処に行ったのでしょうか? 居ないと寂しいですね。

 

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + TC-14E II

 

2022年6月13日 (月)

カワセミの若が来た2

昨日の残りの分です。

昨日は1時前に着いて、2時前には雲行きが怪しくなり、後片付けを始めたら

ザーと急に雨が降り出し雷が鳴り始めました。

30分ほど屋根の下で雨宿りして、止んだので帰ってきました。

1時間弱の撮影でも500枚も撮っていました。残したのは100枚。打率が悪いです。

更に水中からの飛び出しはまったく撮れていません。

でも500枚取れるのは幸せですね。

 

まずは横っ走りです。

0612_1dsc_7112

 

0612_1dsc_7113

 

0612_1dsc_7114

 

0612_1dsc_7115

 

0612_1dsc_7116

 

0612_1dsc_7117

 

0612_1dsc_7118

 

0612_1dsc_7119

 

0612_1dsc_7120

 

0612_1dsc_7123

どうも飛び込んで出てくるところが撮れません。若なのでスピードは遅いのですが...

水中から出てからの横っ走りしか写せません。こまったぞ。

 

 

その他いろいろ

0612_1dsc_7170

ただ止まっているだけでも、かわいい。

 

0612_1dsc_7224

 

水平飛行

0612_1dsc_7301

水平飛行で帰ってしまうのか??

 

0612_1dsc_7304

なんか失速して水面に着きそう。

 

0612_1dsc_7305

あれっ 飛び込みなの?

 

0612_1dsc_7315

トンボといっしょ

 

0612_1dsc_7414

お休み中。 何もしない。

 

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + TC-14E II

 

 

2022年6月12日 (日)

カワセミの若が来た

久しぶりの撮影です。

早めに家を出て13:00まえに着いたら、すでに2羽もいました。

 

 20220612_1dsc_6931

そのうちの1羽です。足がまだ赤くなっていません。くちばしも短いです。りりしい、若ですね。

 

20220612_1dsc_6963

2羽で編隊を組んで飛んでいます。どちらも若のようです。じゃれ合っているのか??

 

1羽が池のはずれでホバリングをしました。

20220612_1dsc_7006

 

20220612_1dsc_7007

 

20220612_1dsc_7008

 

20220612_1dsc_7009

 

20220612_1dsc_7010

 

20220612_1dsc_7011

このあと急降下しないで、前に進んでいきました。池に入らない。。。  練習かな??

このフォバリングのデータです。
露出時間: 1/2500 sec、F 値: f/7.1、ISO 1100、露出補正値: -0.67 EV、
露出プログラム: Manual、測光方式: Multi-segment、焦点距離: 420 mm、35mm 焦点距離: 630 mm

草木がバックで上手く撮れました。

 

 

20220612_1dsc_7051

戻り、獲物無し。

 

20220612_1dsc_7052

 

20220612_1dsc_7053

 

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + TC-14E II

二羽いると撮影で休む暇がない。1時間でたくさん撮れました。

2022年6月 4日 (土)

こども植物園のヤマアジサイとバラ

今日は、横浜市保土ヶ谷区にある こども植物園 にバラを見に行きました。

 

1dsc_6873

バラが目当てでしたが、ヤマアジサイの臨時の展示コーナーがあり、20鉢ほどのヤマアジサイがありました。

どれも小さくて可憐でよかったです。

 

1dsc_6875

日本最初の植物図鑑といわれる「本草図譜」(岩崎 灌園 著)に描かれたヤマアジサイ。という展示。



1dsc_6878

バラ園のバラです。

 

1dsc_6879

 

1dsc_6886

ミツバチかな?

 

1dsc_6901

コガネムシ?

 

1dsc_6910

またまたアジサイ

 

1dsc_6911

この普通の大きさのアジサイと比べると、最初のヤマアジサイがとても気に入りました。

もっとじっくりと見てくるべきでした。

 

午後は近所の池にいきましたが、

1dsc_6919

お目当てのものは来ませんでした。シオカラトンボだけ撮りました。

 

トンボ以外は Nikon D500 + AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR

カワセミばかり撮っているので、バラとか花の撮り方を忘れました。上手く撮れなかった。

2022年6月 1日 (水)

カワラヒワとカワセミ

蔵出しです。

 

カワセミ君を待っていたら、知らない鳥がやってきました。柳の木のてっぺん、かなり高いところにとまりました。

1dsc_6609

グーグル君に聞いてみると カワラヒワ と出てきました。

 

1dsc_6622

いつもは地味でも、飛べば艶やか黄色が映える。全長13.5cm。全身黄色味のある褐色で、尾は魚尾型をしています。褐色の鳥に見えますが、飛翔時の翼の黄色帯は鮮やかでよく目立ちます。 (サントリー 日本の鳥百科より)

なるほど。確かに黄色が映えるし、尾が魚尾型です。

 

1dsc_6626

オスのカワセミ君登場。

 

1dsc_6630

エビを捕まえた。

1dsc_6631

1dsc_6648

全部食べました。

 

1dsc_6679

水中からの飛び出し。草に邪魔をされている。

 

1dsc_6680

 

1dsc_6704

帰ってしまいます。

 

1dsc_6710

大きな魚を獲りました。

 

1dsc_6716

このお持ち帰りの体勢は、大きすぎて半分飲み込むのは無理があるようです。

 

1dsc_6723

結局、飲み込まないで斜めに加えることにしたようです。

この後、持ち帰りでいなくなりました。

 

1dsc_6730 1dsc_6733

 

1dsc_6746

また登場。 見えないところで飛び込むので写真撮れません。

 

 

2022年5月29日 (日)

違うカワセミの続き

昨日の続きです。

 

カワセミ君たちは、夕方やってきて、飛び込みは2回のみだけでした。

貴重な二回目の飛び込み。

 

1dsc_6570_20220529214001

例によって、水中から出てきた直前は撮れていません。

よく見ると子亀が映っています。この子亀が画面の中央でAF範囲にいました。

 

1dsc_6571_20220529214001

 

1dsc_6572

カワセミの後ろには大亀が顔を出しています。

 

1dsc_6590

枝に戻ってきました。

 

1dsc_6593

向きを変えて、このあといなくなってしまいました。

 

代わってツバメです。

ツバメも池の水を飲みに来ます。スピードが早すぎて全然写せません。

1dsc_6428

何とか写っていたのがこの1枚。イヤーツバメは難しいです。

 

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + TC-17E II

 

 

 

2022年5月28日 (土)

違うカワセミが来た

今日は暑かったです。

カワセミ君はまったく現れないので、16:00過ぎに片付けをしていたら来ました。

しかも二羽、いつものカワセミ君と違います。

留まるところが全然違うのでわかります。この場所の新参者です。

 

オスしか姿を現しません。メス(?だと思う)は見えない茂みの中で鳴いているだけ。偶に飛んでいる。

1dsc_6468

ものすごく高いところにとまっています。

 

1dsc_6509

水面手前でブレーキをかけて飛び込み位置を調整してます。

 

 

1dsc_6510

さあ、いっくぞー という感じです。 この先5コマがボケボケです。

 

1dsc_6516

5コマ分はスピードが速いのでカメラが追いつかない。フレームに入っても端っこ。

水中から出てくるところでやっとカメラが追いつきますが、真ん中のフォーカスからずれているのでまいどボケボケです。

あと2コマ、0.2秒早く合わせられると水中からの飛び出しの良い絵が撮れるのだが。。。。

 

 

1dsc_6517

 

 

1dsc_6518

 

 

1dsc_6538

お魚の収穫無し。ただの水浴びになってしまった。

 

1dsc_6539

 

 

1dsc_6540

だいぶ頭の毛が立っています。ヤマセミみたいです。

 

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + TC-17E II

TC-17E IIもだいぶ慣れました。 1.7倍使えますね。

でも EOS R7 気になりますね。。。。ぼそぼそ。。

2022年5月22日 (日)

今日は大漁

今日のカワセミ君はすごい。

大きなお魚を2回もお持ち帰りしました。

奥さん子供に喜ばれるでしょう。(ヒナが孵ったかは不明)

えらいぞ。

 

1dsc_6182

まずはエビです。

 

 

1dsc_6184

自分で食べます。

 

1dsc_6231

大きな小魚を捕まえました。

 

 

1dsc_6233

獲ったぞ。

 

1dsc_6235

勝利の雄たけび! 持ち上げてる。 くわえていないで刺してある。

 

 

1dsc_6237

どうだ! という顔。

このあと魚をおとなしくさせてから頭を前にしてお持ち帰りしました。

 

 

1dsc_6394

二度目の登場。またも大きなお魚を獲りました。

こんどはちゃんと咥えています。

 

 

1dsc_6397

自慢のポーズ。 しかし大きいです。メスも食べるのが大変でしょう。

 

 

1dsc_6404

別の場所に移動してます。

 

1dsc_6405

りっぱなお魚です。

このあと枝にお魚を叩きつけて気絶させます。(茂った枝の奥の見えない部分でおこなっています)

そして持ち帰りします。

 

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + TC-17E II

この組み合わせだと望遠過ぎるのか、水中からの飛び出しにカメラをうまく合わせられません。

まだまだ、精進はつづく。

 

2022年5月21日 (土)

いつぞやのカワセミ

今日は曇り&雨

というわけで、在庫から いつぞやのカワセミをどうぞ

 

1dsc_5863

いきなり、お持ち帰りでした。エビです。

 

 

1dsc_5906

 

 

1dsc_5967

 

 

1dsc_6046

これもエビです。

 

1dsc_6083

 

 

1dsc_6084

 

 

1dsc_6133

 

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + TC-14E II

 

2022年5月15日 (日)

今日は曇り空

せっかくの休日ですが、あいにくの曇り空。

 

晴れた日と比べると暗いです。

飛びものが上手く撮れなかったので、とまりものメインで。

1dsc_5565

 

1dsc_5572

 

1dsc_5595

これは持ち帰りの体勢ですね。

 

1dsc_5798

 

1dsc_5809

飛びもの。やっととれたけど暗い。

 

1dsc_5839

 

1dsc_5849

これもやっと撮れた1枚。

 

 

1dsc_5795

池のほとりのキショウブ

 

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + TC-14E II

 

2022年5月14日 (土)

カワセミ 持ち帰り#2

前回が「カワセミ持ち帰り」のタイトルでしたが、何のことか???でしょうね。

今回の最後に持ち帰りがあります。

 

 

1dsc_5499

水中から飛び出しましたが、目はまだ瞬膜の状態です。

頭の上の水しぶきが、なぜかハートのようにも見えます。

 

1dsc_5500

 

 

1dsc_5501

 

 

1dsc_5502

このまま横っ飛びしていきました。

 

1dsc_5518

留まりもの 約15m程

 

 

2dsc_5552

獲ったお魚を相手が食べやすいように頭を前にしてくわえます。

こうなると自分では食べずに、ヒナや奥さんの住んでいる場所へ持ち帰ることになります。

これをお持ち帰りと呼んでいます。

 

2dsc_5553

やっぱり、メスのもとに帰って行ってしまいました。

でもだいぶダイビングをしてくれて、私は楽しめました。

 

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + TC-17E II 手持ち

 

 

2022年5月11日 (水)

カワセミ 持ち帰り

ある日のカワセミです。

 

1dsc_5410

 

 

1dsc_5416

水中からの飛び出し。水しぶきにピントがいっていてカワセミはピンボケです。

この原因は後で考察します。

 

 

1dsc_5417

2枚目でカワセミにもピントが合いました。

 

 

1dsc_5418

 

1dsc_5419

 

1dsc_5420

 

1dsc_5421

 

1dsc_5422

 

1dsc_5423

枝をまたいでもピントが合っていた。えらい。

 

1dsc_5424

 

1dsc_5442

途中 ピン甘は省いてありますが、飛び出しから枝戻りまでけっこうピントが合って満足です。

 

では考察です。(ゆる~~~~いです)

ニコンの現像ソフト NX Studio でフォーカスを表示して確認します。

トリミング無しです。

Aaa5416

AFゾーンからわずかにずれていますが少しは入っています。次ではピントが合うと思われます。

と考えるのか、ゾーンに入っていないから単純にピントが合わないのか ???

 

300mm x1.7テレコンで 約500mmになるので、大きく引き寄せできる分、AFゾーンに入りやすいかも。

1.7テレコンは使い物にならん、という意見は多いが、意外とそうでもない、と思う、結構使える。

 

Aaa5417

次のコマではAFゾーンの中にカワセミが入ってきました。これならよし。

というわけで、いまだAFゾーンがなんとかかんとか、と言っている。一眼カメラの私でした。

 

かたや、鳥認識、瞳認識、全エリアで認識...ふーん、やるじゃないか、最新型のミラーレス。ええなぁ。

 

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + TC-17E II 一眼レフ機です。

2022年5月10日 (火)

シジュウカラ10 巣立ち

やっぱり、5/9(月)の午前中に巣立ったようです。

午後から声が聞こえなくなった、と家族が言っていました。

 

5/10(火)に巣箱を確認したらやっぱり空でした。

 

ではでは、思い出の写真を

0img_1170

4/23の様子

 

 

P4302288

4/30の様子

 

 

20220501 

5/01 1日でえらく育っているぞ

 

 

0dsc_46011

5/07 これがベストショット

 

 

220508

5/08 この次の日の朝が旅立ちでした。

 

楽しめました。シジュウカラファミリーに感謝。

元気に生きてくれるといいな。

 

次回の予定

 巣箱の建て替え

 ビデオカメラを入れたい

です。

 

 

2022年5月 9日 (月)

シジュウカラ9 もうすぐ巣立ちかな?

5/8日曜日の様子です

 

北大研究室のブログを読んでいたら、ヒナが孵化してから約17日で巣立ちが始まるそうです。

今日明日あたりがその日ですので、いよいよですかね。

今日の写真、かなり立派に育っています。

220508

 

 

声も大きくなりました。始終鳴いています。

元気に動いています。

 

 

 

こちらは鳴き声多めです。

 

蓋を開ける前に感づかれて、おとなしくなっています。

 

以下に声だけMP3バージョンを。

お好きな人は聞いてください。ヒナたちの鳴き声です。

 

 

 

同じくヒナの声です。途中静かになりますが、27秒以降 親鳥が戻ってきて親鳥の大きな警戒の声が入ってます。

私を見て威嚇しているようです。 私は大家なのに...。

 

5/9(月) 夕方18:00過ぎに帰ってきたとき、なんか静かです。

夕方なので静かなのか、巣立ってしまったからか???? 

ん~どっち。明日、朝確認するのがこわい。

 

 

2022年5月 8日 (日)

カワセミ TC-17EⅡ 使ってみた

ゴールデンウィーク最終日の日曜日。

ニコンのテレコンバーター TC-17EⅡをサンヨンにつけてみました。

昨日 AF微調節 をしたら+19が最適値でした(おいおい!!です。だいぶずれとる)

300mmxテレコン1.7倍xAPS-C1.5倍 = 35mm換算750mm です。

普段は 300x1.4x1.5=630mmです。 まあ、どうでもいいですね。

 

0dsc_4675

留まりもの。まあまあの写り。

 

0dsc_4739

 

 

0dsc_4785

羽根もきれいに写ります。

 

次は飛びもの。

0dsc_5008

ピン甘

 

0dsc_5009

少し良くなります

 

0dsc_5010

これならピントOKです

 

0dsc_5020

 

0dsc_5031

なかなか、よく写ってます。1.7倍でも使えますね。

 

 

0dsc_5065

明るい、バックが緑。写りもいいです。

 

0dsc_5086

横っ飛び。手前はキショウブ(黄菖蒲)です。
カワセミは、画面の真ん中にで捉えられれば、次のコマではピントが合います。

 

0dsc_5088

 

0dsc_5089

 

0dsc_5090

エビさんお運び中です。

 

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + TC-17E II

2022年5月 7日 (土)

シジュウカラ8 親のエサやり

巣箱がなかなか騒がしいです。というか、にぎやかだが癒されるかわいい声が聞こえます。

 

0dsc_4601

ヒナが中から外を覗いています。親鳥がエサを運んできたのをいち早く食べたいようです。

 

0dsc_46011

アップです。超かわいい。出口の穴まで飛び上がれるということですね。だいぶ成長しました。

あと何日で巣立つのでしょうか? ちょっと寂しい。

 

0dsc_4620

親がエサを運んできました。

 

0dsc_4621

一瞬、下がってしまいました。先ほどのヒナがいたので後戻りしたのでしょうか。

 

0dsc_4624

入って行きます。

 

0dsc_4625

お尻。

このあと内部でエサやりしているのでしょう。

 

0dsc_4628

排出物を持って再度出て行きます。

 

0dsc_4629

 

0dsc_4630

 

別の飛び出しも

0dsc_4608

 

0dsc_4609

 

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR テレコン無し

 

«シジュウカラ7 巣箱リフォーム