2017年10月14日 (土)

BurnAware Free 使い方メモ

CDを丸ごとコピー(複製)したいので、BurnAware Freeを久しぶりに使ったら、使い方を忘れていたのでメモ。 BurnAware Free のインストールと日本語化の方法は別途ググってください。
 
 
BurnAware Free バージョン10.3の画面です。 
17101401_2
 
コピー元のCDを入れたら、BurnAware Freeを開いて、ディスクイメージ > イメージへコピーを選択します。
 
 
 
 
17101402_2
 
①参照 を押して、②適当なフォルダに ファイル名を入力します。 ③保存 を押します。 イメージコピーの画面に戻りますので ④コピー でコピーが開始されます。
 
 
 
17101403_2
 
コピー中のアナウンス。 正常に完了しましたの表示。 音楽CDのコピーで 約6分半でした。
 
 
 
元CDを取り出して、CD-Rを挿入します。
17101404_2
 
ISO書き込みを選択します。
 
 
 
17101405_2
 
①参照ボタンを押して  ②先ほどの名前を付けたファイル(171014.cue)を選択し、③開くを押します。(かならず選ぶのは cue のファイルです。 binのファイルを選ぶと 書き込み時に失敗とでます)
 
④書き込みボタンで書き込みが開始されます。
 
 
17101406_2
 
コンパイル →書き込み開始 →ディスククローズ →正常に完了しました。 の表示で 完了です。   進む のボタンを押すと 書き込み直前の画面に戻ります。

以上で終了

2016年12月 4日 (日)

GM5のカメラグリップ

パナソニックGM5 は小さくてよいカメラなのだが、グリップがないので安定しない。
Amazonで J.B. Camera Designs という会社の出している竹製のGrip を参考に自作してみる。


C01

材料はハンズで買った黒檀 3種
 黒檀 50*100*5の板1枚、30*100*2の薄板1枚、15*15*200 の棒 以上で600円ほどか?

C02


C03


C04

Agm122

Photo

14-140をつけてもグリップの底があるので置いた時の安定性もGOOD。

三脚ネジ11mmはULYSSES社製 。(ネジだけでも販売しているすばらしい会社です)

2016/08の盆休み作成


2016年4月10日 (日)

一時プロファイルでサインイン の解決方法

windows10で画面からアイコンが消えた。
「一時プロファイルでサインイン」のメッセージが出てくる状態。

私のいない間に妻が壊したので、何をして壊れたのかは不明。本人は何もしていないと言うが...
 
直し方はwebにいろいろ書いてあるが、私は以下の方法で復旧。 やれやれ。

参考サイト(マイクロソフトの以下を参照)
https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/947215
 
Windows 7、Windows Vista用の説明でしたが、windows10でもうまくいきました。

この中の
方法 1: ユーザー アカウント プロファイルを修正する 
を実行。

1.[スタート] ボタンをクリックし、[検索] ボックスに「regedit」と入力し、Enter キーを押す。

2.レジストリエディターが開くので、以下の場所まで移動
 
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\ProfileList
 
003

あとは先ほどのマイクロソフトのサイトの説明通りに実行して、
レジストリエディター を終了。

その後、再起動させたら...一時プロファイルのサインインと同じ画面でした。
.....失敗か?

もう一度、再起動をしたら
...復旧しました。 (^O^)/ ヨカッタ

方法 2: Windows にログオンし、データを新しいアカウントにコピーする
という別方法も書いてありますが、これはやらなくて済みました。

自己責任でどうぞ。
7のほうがよかったな...


2016年3月28日 (月)

GoogleカレンダーをGTimeReportで整理する

GoogleカレンダーはWinのパソコンで使い、iPhoneでもSnapCal を使って同期させています。 今回、カレンダーの中身を整理して入れ替えましたので、忘れないうちに方法を書いておきます。(1年に1回もやらない作業なのですぐ忘れます)

古い年月のデータ(1995~2010年)を1つにまとめたり、仕事、家族、趣味などに分類したい時など、データをExcelにエクスポートして、整理したのちに再掲載しなおすのが目的です。


カレンダーのデータをExcelファイルとしてダウンロードするのに GTimeReport というWebにお世話になります。

以下のように、GtimeReportで1995年から現在までのデータをまとめて出力させました。
Show end time column にチェックを入れるのを、お忘れなく。
 
 
Gtr01_2

出力されたexcelファイルを加工します。
私の場合、20年間分で7000イベントありました。(昔のデータは1日1イベントにまとまっています)

エクスポートしたデータを再掲載できるように加工します。
タイトルの Text はSubject に書き換え。Weekday と Duration の列は削除。End Dateの列を追加。データの最後にある Total: の行の削除。 以上を行います。

あとは Project 毎に csvデータとして切り出し、Projectの列を削除して再度保存すればインポートファイルの完成です。(以下参照)
 
 
Csv
 



サンプルをGoogleカレンダーにインポートして確認

Gtr05

うまくいったようです。

古いGoogleカレンダーをそれぞれ削除して(これが結構怖い)、整理したものを再インポートします。(自己責任でお願いします。一切責任は持てません。少量のデータで試すことをお勧めします)

これで、すっきりしました。
Windows と iOS SnapCal の連携で昔のデータも上手に利用できるようになります。


2016年3月26日 (土)

iOS版スケジュール・カレンダーソフト SnapCal が使いやすい

元々、AndroidスマホでもSnapCalを使っていましたが、今回iOS版のSnapCalを使ってみるとAndroid版より使いやすいので嬉しくなりました。
 
S01
  
  
起動させると月表示の画面が出ます。 上部左側の星空の部分に本日の予定が時間付きで表示されています。
その分下のカレンダーが狭いので、一日に2つのイベントしか見えません。カッコいいかもしれませんが私はカレンダーだけの表示のほうが好きですね。
 
S02
 
 
この3月と表示されている右横の丸印付近を1回タップすると以下のようにカレンダー部分が大きく表示されます。3月17日の部分を見るとわかりますが、イベントが5つ(5行)まで表示されます。(iphone 6 です。最初からこの画面で出るようにならないものですかねぇ。)

 
S03
 
 
 
3月26日の部分を指で下にスライドさせると、その日の予定が時間・場所も含めて表示されます。 ・・これは結構便利です。
あと、スマホを横画面にすると月表示の右側に当日のスケジュールが出ます。
  
S04
 
 
次は週表示の画面です。  

S05
 
 

リスト表示の画面です。 これがいいです。
画面右上にあるようにリスト表示で検索が可能です。
 
S06

私は1995年ころから 200LXで スケジュール管理をしていたので、そのころからのデジタルデータもここに入っています。20年前のイベントも簡単に検索できるのがSnapCalのすごいところです。 他のアプリは過去の表示が3ケ月までとか制約があるものが多いです。 AndroidでSnapcalを使っていた理由がこれです。
 
Googleカレンダーに20年分約7000イベントを詰め込んでおり、SnapCalはこれとリンクしています。 iPhoneだと起動するとすぐに画面が立ち上がるのが素晴らしいです。(Android版では立ち上がりに時間がかかっていました)
 
 
過去へのジャンプも簡単です。最上部の年月日をクリックすると簡単に変更できます。
 
S07_2
 
以上簡単な使い方でした。 
まだまだ知らない使い方がたくさんありますが、SnapCal はお勧めです。

2015年10月31日 (土)

Ibanez AM93-TKS がやってきた

色々比較してみましたが、Ibanezのセミ・ホロウギターAM93 色TKS(トランスパレント ブラックサンバースト)を買いました。
  
 
Am01_2
 
 
実物はカタログのような木目はっきりのシマシマには見えません。パッと見は黒に見えます。

 ↓この見え方が実際の見え方に近いです。

Am02_2

    
購入の決め手は、Ibanezの同じシリーズのASと比較すると小ぶりであること。 木材にキルテッド・メイプルを採用していて音がよさそうなこと。 マホガニーとメイプルのセットインネックで丈夫そうなこと。 Super 58 ピックアップ(カスタムですけど)を搭載している。 などです。 
 
このTKS色は2014年モデルです。 2015年モデルは カスタムのつかないSuper 58にアップグレードしています。このピックアップのほうが良いのはわかっているのですが、TKSの色が気に入ったのでこれになりました。

某楽器店でAM93-JBB(きれいな水色)を触って、仕上げの綺麗さに感心しました (試奏だけですみません)。
購入は、京都の(株)きんこう楽器さんから購入しました。 面倒見のよい楽器屋さんでした。

  
Am03
  
Am04
  
  
Am05

ネック巾、厚みは好みの寸法です。 ゲージは下ライト010から上はレギュラー052ですので私にはちょっと太いです。 009-046 に変えてみようと思っています。

夜、部屋で弾くにはソリッドに比べるとセミアコはいいですね。シャラシャラでなく、適度なボリュームで鳴ってくれます。  大きな音で鳴らすことがあるかどうかわかりませんので、良い選択だったと思ってます。

2015年10月14日 (水)

気になるセミアコギター

セミアコが欲しくなってきた。

最初の候補は Ibanez AM93
Gibson ES335 よりボディが小ぶりです。

Am93
 
 
 
次は 少しボディの大きな Ibanez AS93 
335よりは、ほんの少しボディは小さいようです。  

As93
 
 
最後は Epiphone ES339Pro
 
339p

どれが良いのか???? 悩むなあ


2015年9月13日 (日)

iReal Pro これって素晴らしすぎです

マイナスワンの音楽練習用アプリです。

iPhone、iPad、Mac はたまたandroidでも動く。
私はIpadで使ってみたが、ゴキゲンです。サイコーです。

詳しくは youtube iReal Pro で調べてみてください。
iReal b とか昔は名前が違っていましたが同じものです。
ナイスな演奏風景(練習風景)がたくさん出てきます。

これなら一人でも練習できるかな..っという気になります。

150913008

iReal pro が立ち上がった状態です。  左にプレイリストが並んでいます。 Jazz 1300 これ曲数です。
私の好きな Blues も 50曲入っています。 Pops も400曲。
Jazzが1300曲っというのはすごいですね。 知らない曲もたくさんあります。
  
  
  
150913003
 
ミキサーを開けるとわかりますが、ピアノ、ベース、ドラムの構成になっています。 メロディ部分がありません。メロディはユーザーが好きな楽器を弾けばいいのです。

ピアノは、オルガン、ビブラフォンその他に切り替えられます。ベースも数種類。ドラムはメトロノームに切り替えられます。
 
ベースの動きとコードのリズムがしゃれています。ベースは結構いけています。
ベースを聞きやすいエレキベースにしてベースの音量を上げて、カウントをゆっくりにすればベースの練習になりますね。 >長尾さん どうですか。
 
 
 
150913004
 
 キーも変えられます。 GのキーをB♭に変えた画面です。 譜面のコードも変わるのが素晴らしいです。
 
 
 
150913005

さらに該当キーのギタータブ譜、または、キーボード譜 を表示することができます。すごいです。
キーがかわればここもちゃんと変わってくれます。
 
 
 
150913006
 
さらに、さらに リズムも変えることができます。 わおーです。
  
 
 
いやー素晴らしいです。 MIDIファイルの出力もできます。 うーん最高です。
ギターの練習 しよう。 うん。


2015年6月 7日 (日)

Lumix GX7カメラケースの改良

LUMIX GX7 のカメラケースは、HAKUBA 本革ボディケース Panasonic LUMIX GX7用 ブラック を使っていましたが、ちょっと使いにくいので手を加えてみました。

改良点は、ケースをした状態で
 ・三脚をつけられる。さらにネジはケース底と平らになっている。
 ・SDカード、バッテリーがケースを着けたまま交換できる。
という感じです。


まず、ほぼ完成形の状態。
060701


使ったネジは  zelenpol/ゼレンポル Classic Editionシリーズ用カメラケース留めネジ です。\368でした。
裏面の穴あけ状態とネジです。
060702


裏側の穴のほぼ完成状態。
060703
 

内側の分の段差作成状態。
060704
                                 ↑※この辺がとっても狭いです

裏蓋はロックを外すとここまで上がります。 あとは指で90°近くまで開けられますので、SDカードもバッテリーも交換できるようになりました。 \(^o^)/
060705

完成形。 ネジはもっと削れば、もっと埋まって底が完全にフラットにできそうですが、この辺でやめました。
060706

作ってみての感想ですが、ケースを外さないで済むので、だいぶ便利に使いやすくなりました。

今回はHAKUBAのケースを使いましたが、Panasonic のケースのほうが、ネジ穴がすでにあるので作りやすいかもしれません。


2015年4月29日 (水)

六義園

なかなか良い所でした。

P1010678


P1010693


P1010665


«タムロン SP 90mm F/2.5(52BB)

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

リンク

無料ブログはココログ